にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ   人気blogランキングへ   ウィンスクエアクラブ mixiコミュニティ   Twitterコミュニティ
にほんブログ村    人気blogランキング    mixiコミュニティ    Twitterコミュニティ



FOREX PRESS & 為替広場

■FOREX PRESS
外国為替証拠金取引ニュースサイト
http://forexpress.com/index.htm

■為替広場
これからFXを始めようと思っている方、既に始めたけど今のFX業者に満足していない方のために、より良いFX業者を紹介する比較サイト
http://forexpark.com/index.html



              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

ユーロドル(EUR/USD)の反転サイン!?

ユーロドル日足チャートで、「MACDダイバージェンス(売りサイン)」示現が目前に迫っています!

ダイバージェンス は、私が知る中ではかなり確度の高いサインの部類に入ります。

ストキャスティクスやRSIでのダイバージェンスにはダマシも多いのですが、今回はダイバージェンスの中でも最強?のMACDのダイバージェンス。たまにしか出会えません。

ただし、
大きな上昇(下落)の前に現れることが多いのですが、ダマシになった場合は壮絶な暴落(暴騰)になると思われるので、逆張りでもあることから、もしポジ構築するなら、ストップ注文は必須となります。




前回6月と8月の谷を結んで完成したダイバージェンスは、EUR/USDでは珍しい900p以上の上昇サイクルの直前に現れました。

今回10月の山とこれからできる山を結ぶラインは、10月初めの高値を更新したことからも右上がりとなりますが、MACDのそれが右上がりになるのは難しい様にみえますネ。

2007.10.30 9:00



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

FOMC政策決定会合を間近に控えて...

今週は日本時間の水曜日深夜発表予定のFOMC政策決定会合(米国金利を決定)に最大の注目が集まります。
毎月のことですが、(月初)金曜日には米雇用統計などの重要指標も控えてはいますが、やはり最も注目はFOMC。

声明文含め内容によっては膠着状態となった先週のレンジをブレイクする期待感も高まります。


前回FOMCでは、インフレリスクに言及しつつも金融不安による景気減速懸念を優先する姿勢を示しましたが、
今回FFレート先物を見ても少し前までの金利据え置き予想は完全に払拭され、
0.25%の利下げがほぼ織り込まれています。


 ・ 予想通りの0.25%利下げなら、一方向に相場が動く可能性は低い
 ・ 仮に0.5%の利下げが行われた場合に、米経済への悲観論から一時的にドル売りとなる可能性大
 ・ ドルが大幅下落した場合、その他クロス円も同様の動きとなりやすい
 ・ 逆に9月の利下げ時と同じく、「NYダウが利下げを好感して上昇する」ことも想定されるため、最近の連動性大からドルの上昇局面もあるかも


今回FOMCでは利下げ幅以上に声明の「インフレ動向」、「景気動向」へのFRBの認識に注目。

2007.10.29 15:00



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...


週間為替レート 20071029

窓あき下落から始まった先週クロス円はその後急上昇。
週足陰線の下落を予想していたため完全にやられました。

特にランド円の上昇率は非常に大きく、なにか(為替操作国C?)の仕掛け的な動きにも見え、注意が必要と考えています。

また、前回8月頭の急落前の動きに似ているようにも見えることからも同様に注意が必要と考えています。



ランド円の異常な買い支えはこれ!?
 → ダウンロード 

2007.10.29 11:00



              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

★システムトレード 短期ルール1-2

勝率:77%
通貨ペア:GBP/JPY
ローソク足:30分
アベレージ:70pips
最大ドローダウン:342pips

 ⇒ ダウンロード

※W2Cメンバーの皆様へ
 最終投資判断は各人の責任において行うようお願いします。



              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

FX(外国為替証拠金取引)の魅力2 〜為替差益〜

テレビのニュースや新聞でご覧になった事があるかと思いますが、為替は日々刻々と変動します。

例えば、今日1ドル=112円だったのが、明日には、110円になるという事もあるわけです。
FXではこの為替の変動により得をしたり損をしたりする事があるのです。
この為替の変動により利益や損失のことを「差損益」といいます。


【そもそも円高・円安とは?】

円高、円安という言葉をニュースや新聞で聞いたことがあるかと思います。

では、ここで質問です。
1ドル=110円が1ドル=105円になった場合これは「円高」でしょうか?「円安」でしょうか?「数字が小さくなってるんだから「円安」に決まってるジャン!!」

ブー!!!  答えは「円高」です。
1ドル=110円の時に1ドルの商品を買おうと思えば、110円必要なわけですが、1ドル=105円になれば110円と比べて5円安くその商品を買うことが出来るのです。
つまりは、少ない円でその商品を買えるという事は、円の価値がドルに対して高くなったという事で「円高」といいます。
そしてドルに対して円が高くなるわけですから、同時にドルの価値は下がっているということになり「円高・ドル安」となるわけです。

その逆で1 ドル=110円のものが115円になれば、「円安・ドル高」になります。



【為替の変動でどうして儲かるのか?】

〜 高級外車のディーラーになって考えてみよう 〜

あなたは、高級外車のディーラーです。
今回、5万米ドルで買った高級外車を6万米ドルで売る契約をゲットしました!
いったいこの契約に為替の変動がどのような影響を与えるのでしょうか?
検証してみましょう!!

 ■【ケース1】
  1ドル=100円のときに買って、同じ為替レート100円で売る
  ■購入金額:100円×50,000米ドル=500万円
  ■売却金額:100円×60,000米ドル=600万円
  600万円―500万円=100万円の利益!!


 ■【ケース2】
  1ドル=100円のときに買って、円安:1ドル=200円で売る
  ■購入金額:100円×50,000米ドル=500万円
  ■売却金額:200円×60,000米ドル=1200万円
  1200万円―500万円=700万円の利益!!


 ■【ケース3】
  1ドル=100円のときに買って、円高:1ドル=50円で売る
  ■購入金額:100円×50,000米ドル=500万円
  ■売却金額:50円×60,000米ドル=300万円
  300万円―500万円=200万円の損失!!


為替の変動により、こんなにも儲けが違ってくる!



高級外車を例にして、説明しましたが、FXでも考え方は同じです。「高級外車」という商品が「通貨」という商品に変わっただけと考えればオッケーです。

例えば、1ドル=100円の時に1万ドル買うとします。(100×1万ドル=100万円)これが、1ドル=110円になったところで売ると100万円が、110万円(110×1万ドル)になるので、10万円の利益が出ます。逆に95円で売れば、5万円の損失ということになります。

つまり、1万ドルの取引で1円動けば±1万円、10万ドルの取引なら±10万円ということです。

為替の変動は、あなたに大きな利益を
もたらしてくれるものでもあるのです



【円高でも利益をゲット】

FXではドル高を狙うだけではなく、ドル安を狙って利益をゲットする事も可能です。

「ドルを売って、ドルが下がったら買う」ということになりますが、「先に売る」ということに少し違和感があるかもしれません。

ただ、取引をしている通貨がドル円とすると「円が安いところで買って、円が高くなったら円を売る」ということになりますので、要は、ドルを買うことのまったく逆をしているとイメージすればいいだけです。

ただし、ドル円でドルを売った場合は、現在ドルの方が円よりも金利が高いのでその分の金利差をスワップ金利として支払わなければなりません。



【為替の差損益は売買から生まれる!!】

〜 将来のドル高を見込んで1万ドルを買った場合 〜



〜 将来のドル安を見込んで1万ドルを売った場合 〜






              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

長期トレンド分析シリーズ 第5弾 ZAR/JPY (ランド円)

最近、長期トレンド分析に凝ってます。本日はお待ちかねランド円です。



ランド円は 10/11 の高値から今週月曜日まで、窓あき安値 16.36 を示現した後、
本日100%戻しを達成しそうな勢いで上昇しています。

なかなか上下が急激過ぎてついていけないというのが正直な感想ですが、
大きなトレンドはなく、週足5年でみるところ、今はレンジとみえますので、
ここで買っていくのは高値掴みの可能性が高いと思われます。

2006.5から2007.3に作った逆ヘッドアンドショルダーにだまされたのも今となっては懐かしく、
再び15円台があること(実際今週月曜はすぐ近くまで来てました)を祈りつつ、買いのタイミングを計っています。

そのときには色々なサインが同時にでると思いますので、今しばらくお待ちください。

逆に、18円台突入(正確には17.80上抜け)した場合は、ついて行こうと考えています。
長期的には、このレンジを抜けて、カナダやユーロのようなチャート形状をイメージしています。
今は25円に向けての踊り場形成期と。。。

またML等にてお知らせします!

2007.10.25 15:30



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

ドル円(USD/JPY)の超長期的な分析

ドル円の長期的な分析を、2003年からの週足チャートを用いて行った。

トレンドラインとチャネルラインの引き方には、描く人によって多少の差はあると思うが、
大きくは外れていないものとして説明を続ける。




2004年末と2005年頭につけた101円台を境にダウントレンドは一転、
簡単の為、2006年5月 G7ショックでつけた安値を基点として見た場合、ダウ理論※ で言うところの「アップトレンド」を形成。

@BD番と3度の高値更新と、AC番の2回の安値切り上げを示現。

現在は逆に、安値の更新と高値の切り下げをそれぞれ1度つけた付近にいる。


 ※ダウの定義によると連続する高値安値のそれぞれがその前の高値安値より上である限り、
  アップ・トレンドが存在するとされています。
  ダウン・トレンドはその逆になります。
  これがトレンドの基本的な定義であり、すべてのトレンド解析の基本となります。



今がアップトレンドのオーバーシュート部分であるという見方もできなくもないが、
青線のように、ダブルボトムをつけて再びアップトレンドに戻るのか、
または、再び緑線のように安値(8/17:111.60)を更新して行くのか微妙なところに位置している。



従って、ドル円の長期用ロングポジションを構築する時期ではないと考えている。

もちろんいつもそうだがレンジで短期トレードを繰り返すのはOKかと...


以上、長期に渡る分析ですので、W2C事務局の独り言ぐらいのつもりでとどめておいてください。いつものことですが投資は自己責任で宜しくお願い致します。


 注)決して円高になると予想しているのではなく、
   この数年、売られ過ぎていた円が少しだけ(買い)戻されているだけで、
   円が運用先として積極的に選好されているわけではないと考えている。
   (ファンダメンタルズは逆と、個人的には考えています。)



USD/JPY 月足チャート&フィボナッチ


2007.10.25 17:30


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

Q.15 いま具体的にまとまったお金を持っていたらどういう行動をとればいいでしょうか?

A.15 利害関係のない相談相手を見つける!
まず、銀行の窓口とか証券会社の窓口に行って運用相談をしないことですね。
これが一番大事です。
できれば自分で、できなければ、金融のことが良くわかっている人で、自分とは直接利害関係のない人をアドバイザーにする、これが大事ですよ。

たとえば、親類に銀行や証券会社に勤めている人がいれば、「あなたの会社では買わないけれど、教えてほしい。教えてくれたら、お礼をちょっとはずみますよ」といった感じで。



              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

スワップ派 GBP/JPY 買い持ちの方々にご連絡

本日はかなりマクロ的な見方になるが、どうしても気になるので...


以下簡単の為、GBP/JPYを取り上げレポートするが、
2006年からの伸びが急激に見える全てのクロス円ペアに対する警告も含む。
確率は極めて低い話であるとは思うが、少しでも皆さんのリスク管理に役立てばうれしい。

 ⇒ 具体的には、ここで長期ポジションを構築し大きな利益を狙うのではなく、
前回盆の教訓を生かしワーストケース(ナンピン→レバ上昇→ロスカット)の方をケアされたい。


前置きが長くなったが、
下に「GBP/JPY週足チャート」を示す。



10/15、240円台で反落したことにより、
数あるチャートパターンの中でも最も信頼されるフォーメーションとして知られている、
ヘッドアンドショルダー※を形成した。
  ※ヘッド:7/20 、ショルダー:1/23 & 10/15 、ネックライン:3/6 と 8/17 を結んだ線
  ※参照 

典型的な天井の形成パターンだけに、
大きなトレンドの転換点に見えなくもない。
もしこのネックラインを割り込んできた場合の計算値によるターゲットは、187円台という恐ろしい値となる。
追記すると、このショルダーは、1998年の天井の値とも一致する。
(=240円はかなり重要な数字ということ)

当然ここまでの下落はないとは思うが、想像を絶する事が起きるのが相場。
一応頭の片隅に入れておいてほしい。(レバを上げそうになったときの抑止力になります)





下に「GBP/JPY月足チャート」を示す。
(点線四角部が上記週足チャートに対応)



こういった長期のチャートを見ると、現状がかなり高値圏で推移していることが簡単に見て取れる。

2000年1月9日の148.20を大底とし、そこからほぼ一方的に上昇してきた。

その上昇トレンドが、
2006年1月からのアクセレーションで、本年7月20日251.07で天井を打ったようにも見える。

4年間(2002-2005)で2000pの上昇に対して、2006-2007夏までの1年半でなんと5000pも上昇し、
これを同一期間で比較すると上昇率としては5倍となり、天井圏でのヘッドアンドショルダーをより目立たせている。

2007.10.23 12:30



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

週間為替レート 20071022

予想通り先週クロス円は下落、利食った買いポジションの買戻しを余裕を持って探れそうな週となりそうな予感。



 → 参照 週間為替レート 20071015 
 → 参照 ★決済注文★ ランド成行で売りました 
 → 参照 mixiリアルタイム FXチャット 

2007.10.22 11:30



              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

ブラックマンデー20年目

金曜日、NY株式市場は前日比366.94ドル安と今年3番目の下げ幅となったのは、奇しくも1987.10.19に起きたブラックマンデーからちょうど20年目。

明日は2007.10.22、月曜日。ホントの意味での20周年ですね。

ついでに1929.10.24の株価大暴落が世界恐慌につながったということみたいです。
恐怖の一週間の始まりかも...

 → 参考記事1

 → 参考記事2

 → 参考記事3


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...


G7声明と今週以降の方針

『成長減速への警戒感を強めた』
先進7か国財務相・中央銀行総裁会議は19日夜(日本時間20日朝)共同声明(下記)を採択し閉幕した


 前回4月G7声明から大きく様変わり。「過去30年超で最も力強く、持続的に景気拡大している」の文言消え失せる。 → クロス円安

 楽観的な見方を修正し、成長減速への懸念を浮き彫りに → ドル安

 要因は3つ、@原油価格の高騰、A金融市場の混乱、B住宅市場の不振 → ドル安

 夏以降の世界同時株安には一応歯止めがかかっているように見えるが、19日のNY株価は大幅下落、市場は完全に安定したとは言えない。「要因を十分に分析すべき」と具体策は先送り。

 今後も日米欧の金融当局の政策協調が求められる。

 為替相場に関しては、過度の変動は望ましくないとする前回の表現を踏襲。

 中国通貨・人民元に対して、中国の経済成長を反映した為替レートに上昇するよう変動幅を拡大することを求め、従来より強い表現で改革を促した。 → 円高

 サブプライムローン問題で邦銀への影響が欧米よりも軽微だったことを評価。これはBIS規制導入によるもの。 参考 → 円高、クロス円安

 → 声明内容
2007.10.21 16:30


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

複利積立計算書

複利のすごさをさらに実感できるExcelシートです。
種銭の小さい方のために積み立て計算をプラスできます。

 → ダウンロード 



              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

★システムトレード 短期ルール2-1

勝率:77%
通貨ペア:all
ローソク足:10分
アベレージ:70pips
最大ドローダウン:189pips

 ⇒ ダウンロード

※W2Cメンバーの皆様へ
 最終投資判断は各人の責任において行うようお願いします。




              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

勇んで買いのポジションを持たないよう

5日前から始まった円高調整も本格的になってきました。
本blogやmixiでの「12日あたりが天井」の予測通りの円高調整です。
ので、非常に喜ばしいことに、
今回はほとんどのメンバーが大きな損を出すすことなく全てのポジションを決済することに成功しました。


さてここからが大切なポイントです。この円高調整が終わった時が最大のチャンスで、そこで良いポジションを構築できると大きな利益を得ることができるはずです。

時期は来週以降になると思われますので、勇んで買いのポジションを持たないよう注意してください。
また、売りの絶好のチャンスに見えますが、売りはポジション取りが難しいので、ポジション持ちたい場合は随時、W2C事務局が相談にのります。
当クラブはこの相場をチャンスが訪れたと見ます。こんなときこそ焦らず慌てず平常心で相場に臨みましょう。

2007.10.20 1:30


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

ニュージーランド円 買い持ちの方には「こわーい話」



本年の高値(7/24):97.73
 と、

本年安値(8/17):74.22
 の

値幅:23.51
 を、

前回の高値(10/12):91.29
 から引くと、

昨年の安値:67.77
 と

ピッタリ※一致する。 ※小数第2位は業者によって異なるレベル


この奇妙な一致(単純なN計算)、ありえないレベルの話でもないのかも...
一応見つけましたのでご報告まで...


ちなみに、普通は手前の変動幅が大きいときは、緑の線のように三角保合を形成するパターンが多い。

2007.10.19 15:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

フィボナッチ EUR・ZAR/JPY

フィボナッチの値をお知らせいたします。
38.2%以下は買い下がろうと考えてます。

【EUR/JPY】
167.72
160.66 (38.2%)
158.47 (50%)
156.29 (61.8%)
149.23


【ZAR/JPY】
17.58
16.46 (38.2%)
16.12 (50%)
15.77 (61.8%)
14.65


今回月曜からの「NZD/JPYとGBP/JPYショート戦略」は、下図2006/4月のワシントンG7を参考にしています。

月火曜と下げ、水木は横ばい、金曜の下げで次の月曜は窓をあけての下落スタートとなりました。今回のNZD/JPYとそっくりですね。



 → 参考まで


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

ポンドは大きく値を下げる?

本日BOE議事録、10月4日発表の政策金利が何体何の票数で据え置きになったのか?
(9月、8月の据え置きは共に9対0の全会一致で決定)

もし今回「利下げ」を主張した委員がひとりでもいれば、次回利下げ期待が再燃し、今以上にポンドは大きく値を下げる可能性がある。

∴17:30に注目!!

2007.10.17 16:00


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

★決済注文★ ランド円成行売

日時:2007/10/16 17:00
通貨ペア:南アランド/円
レート:16.94 ← 15.51
注文条件:成行
注文金額:x1
売買:売
有効期限:−

詳細

理由)
南アランド円について...2 をご参照ください。

ポジション構築は、
 → (参考1) ★新規ポジ★ ランド買指値いれました 
 → (参考2) 南アランド円について...
を参考にしてください。


※W2Cメンバーの皆様へ
 最終投資判断は各人の責任において行うようお願いします。


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

南アランド円について...2

南アランド円は、先週11日に政策金利を10.5%へと利上げしたことによる上昇分を、16日深夜の下落で吐き出した。原因については色々後付けはできるがここでは言及しない。



今後の同ポジションの扱いだが、一旦ポジションを閉じることをお勧めしたい。
狙いは本日高値。
17.80まで引っ張りたかったのだが...利食い千人力ということで!
個人的には 8/16,17 が忘れられません(笑)


下図より、単調な上昇が1ヶ月以上続いていることと、ストキャスティクス、MACD、DI共全て売りサイン点灯を理由に挙げる。



今後も「2010年までは上」との見解に変更はないが、現在値よりも下で再度ポジションを構築できる可能性は高いと思われる。

もちろん継続上昇も大いに考えられるので、長期スワップ用にとお考えの方は、15円台ポジは残すのも一考かと。


 → (参考1) ★新規ポジ★ ランド買指値いれました 
 → (参考2) 南アランド円について... 

2007.10.16 10:30

※W2Cメンバーの皆様へ
 最終投資判断は各人の責任において行うようお願いします。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

CAD/JPYが目指しているのは...

CAD/JPYが目指しているのは...
N計算では 123.30 となりますが。
ホントUSD/JPYと入れ替わってますね。(笑)



2007.10.15 17:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

週間為替レート 20071015

先週クロス円についても円安がさらに進んだ様に見えるが、詳しく見ると欧州通貨に今週の動きを予言する(かもしれない)顕著な結果が見られた。
EUR/JPY(少しの)陽線引けに対して、GBP/JPYは十字線、CHF/JPYにいたっては陰線で週を終えた。
これは通常、反転形状を示すものと広く知られており、ローソク足のみのテクニカル分析からは、今週は多少の円高調整があるものと考えられる。





              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

今週の予定と先週の流れ

先週の流れ

ダウが史上最高値を更新し、リスクマネーへの資金流入が顕著にあらわれた週だった。原油価格も最高値を伺う上昇、金は28年ぶりの高値と、サブプライムショックが過去のことと思える活況ぶりだった。
その流れを受け、クロス円も軒並み上昇。金利先高感が残るユーロは164円台から、167円へ。カナダ円は120円を大きく上回る上昇となった。しかし、金利を引き下げに転じたドル、金利引き下げ観測が出だしたポンドは底堅いが、上値も限定的な相場となった。

今週の予定

今週はドイツ、イギリス、ユーロ、アメリカの消費者物価指数の発表があり、先の金融政策に大きな影響を与える指標といえる。また、対米証券投資の発表もあり、ドル離れが進んでいるといわれている中、どれだけ貿易赤字をフォローできているか注目される。19日からはワシントンでG7が開かれるがユーロ高に対するけん制発言がヨーロッパからでている状態で、なにかしらコメントがでるのか注目される。バーナンキなど要人の発言も予定されており、コメントに左右される展開も想像できる。


              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

【分散投資派】

ひとつの投資手段にこだわらず、資金を増やすための努力を惜しまない!

成功例
リスクを抑えるには、ひとつの手段にこだわらず様々な角度から戦略を立てるべきだと考え、円建てMMF、株式投信、不動産購入など分散投資を行なっていた。
しかし、手持ちの資産はすべて円建て資産であり、日本国内の経済状況によっては同様のリスクを背負うことになると気づき、外貨投資を検討した。
外貨建てのMMFを検討中にFXを知り、取引の自由度、手数料の安さなどに魅力を感じたため米ドル/円の購入を決定。
本来、勉強好きな私はチャートを眺めながら、各国の通貨の特徴をまとめていった。
その結果、金を挟んだ米ドルと南アフリカランドの逆相関関係に気づき、南アフリカランド/円を追加購入することにした。
その直後、米ドル/円が大きな円高となり、損失を被った。しかし、南アフリカランド/円が上昇し続け、米ドル/円の損失を相殺することができた。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

【スワップ金利派】

高金利通貨でスワップ金利を確実に狙う!



成功例
為替差益狙いではなく、スワップ金利で確実な利益を上げたいと考え、レバレッジ1倍程度に押さえ、南アフリカランド/円を16円54銭で100万ZARで買い注文を出した。
南アフリカランドは、2010年のワールドカップにむけて期待感が高まっている。
2006年ぐんぐんと上昇を続け19円を越える値を付け大きな含み益を得たが、スワップ収益も順調に増えているので
利益確定をせずにおいた。
順調に上がり続けるかに見えた南アフリカランドだが、2007年8月某日15円台を割り込むまで下がってしまった。
しかし、レバレッジを効かせていないので、値動きにはそれほど注意を払わず安心してポジションを維持できた。
その内、スワップ金利収益が100万円を突破。市場が荒れに荒れた中、余裕でのりきることができた。
相場が徐々に回復してきたため、スワップ収益は証拠金として、デイトレードにも挑戦したいと考えている。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

バブルと信用収縮

バブル期には人々はリスクを過小評価し、積極的にリスク資産を購入する。
しかしいったんバブルが弾けると、今度はリスクを過大評価し、リスク資産に対して極端に回避的な行動を取る。
心配すべきはバブル再燃ではなく、信用収縮の発生である。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


楽観or幸福感?

『強気相場は悲観の中に生まれ懐疑の中で育ち楽観の中で成熟し幸福感の中で消えていく』
http://w2c.seesaa.net/article/51509282.html


ユーロ円、豪ドル円、NZ円、ランド円は、
9/10以降1ヶ月間ずーっと上げ続けてきました。(全部同じ形状です(笑))

        9/10        10/10
ユーロ円  155.16   →  166.24  +11.08
豪ドル円   92.20   →  105.59  +13.39
NZ円     76.87   →   89.77  +12.90
ランド円   15.40   →   17.17   +1.77


現在の上記クロス円ペアは、
楽観or幸福感といったところでしょうか。

盆の円高からももうすぐ2ヶ月、最初の円高調整からは3ヶ月が経過しました。
そろそろ買いポジションのクローズを検討する時期に来たのかもしれません。
仮に最後のアクセレーションがあった場合、そこを最大の利食いチャンスと捉えて行動する予定です。

2007.10.11 11:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

★システムトレード 短期ルール1-1

勝率:75%
通貨ペア:USD/JPY
ローソク足:30分
アベレージ:26pips
最大ドローダウン:236pips

 ⇒ ダウンロード

※W2Cメンバーの皆様へ
 最終投資判断は各人の責任において行うようお願いします。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


【トレンド追随派】

各国の経済状況の分析、テクニカル指標、アナリストの予想など様々な情報をじっくり研究し、中期的なトレンドを読む!



成功例
2004年から2005年にかけ、特定の方向感がなく持ち合い相場となっていたユーロ/円だが、要人発言やニュースソースからはユーロ圏経済の好調が読み取れる。どうやら原油高の影響らしい。
ECBはインフレリスクに対応するため、2006年中は政策金利の引き上げが行なわれるのではないかというのが大方の予想だ。
そうなればユーロ買いが進むと予想した私は、ユーロ/円を成り行き注文した。
138円00銭で買い注文が成立、ゆっくりとだが確実にユーロ/円は上昇していった。
ユーロ/円の相場は歴史が浅いため、過去の高値天井は参考にできないと考え、上昇を見守ることにした。
日本とECBの経済状況や金融政策をしっかりと確認しながら、利益確定の機会を待つことに決めた。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

当面ドルの強気が継続するのでは!?

毎度のことだが「米雇用統計」は注目度の高い指標。
これは毎月第一金曜日の日本時間21:30発表と決まっているので、今後も注目されたい。

振り返ってみれば先週は、月初(週初)からの発表で民間雇用に関する項目が比較的良好なものが続いたことから、「米雇用統計は好転する」との期待感でドル買いが進んだ。

実際に米雇用統計11万人と予想を上回る結果となり、前回数値も大幅に上方修正(-0.4万人→+8.9万人)されたため、弱気一辺倒のドルの見方は変化するだろう。

今月の利下げの可能性も徐々に薄れてきている。米要人発言もこの見方を後押ししている。
今週は主要米経済指標の発表はないため、ドルの強気が継続するのではないか。

2007.10.09 0:00


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

週間為替レート 20071008

先週ランド円について、「MA75、MA200日線の16.68を抜けることができれば、次週にも17円に到達する」と コメント しましたが、それ以上の上昇を見せました。

週間の上昇率で見ると、AUD>CAD>ZAR...と続きます。(下図参照)
週初のクロス円の動き次第では週末あたり一旦の調整(下でポジった方々の利食い)が入ってもいいのかと考えています。



2007.10.08 11:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

【デイトレード派】

経済指標の発表やニュースの発生前後などの瞬間的な為替の変動を狙い、短期のトレードを繰り返す!



成功例
20××年某日、日本時間17時30分、世界中の投資家が注目するFOMC政策金利が発表される。
米国での政策金利は大変注目されているため、発表される数値によっては相場は大きく動くはずだ。
そう思った私は、指標の発表を緊張の面持ちで待った。
指標は時間どうりに発表、予想されていた0.25%の利上げではなく、なんと0.5%上乗せの5.25%!
私は素早く 米ドル/円を成り行き注文で発注した。
116円20銭で買い注文が成立、瞬く間に含み益が発生していく。
しかし、この急上昇が長く続くと言う保証はないため、118円20銭で売り利益を確定させた。
結果、たった数時間で大きな利益を上げることができた。
今後の経済指標カレンダーを確認し、確定した利益を次の取引証拠金として利用することに決めた。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

FX(外国為替証拠金取引)の魅力1 〜スワップ金利〜

スワップ金利とは、金利の異なる2種類の通貨を売買(交換)することによって、その金利差分を金利収入として得ることができるという仕組みです。

現在、各国の金利は、国によってバラバラの状態です。
非常に金利の高い国もあれば、日本のように超低金利政策を行っている国もあります。

FXは、通貨を交換する取引になりますが、通貨を交換する際には、金利についても交換しているということになります。


FXで、あなたが金利の高い国の通貨を買ったとすれば、高い国の通貨分の金利を受け取ることができ、それと同時に売った国の通貨分の金利を支払うことになります。

こうすることで、金利の差を調整しているのです。


例えば、日本の金利が1%としてアメリカの金利が5%とすると、日本の円を売ってアメリカのドルを買った場合、両通貨の金利差は4%となりますので、その4%分の金利を受け取ることができるということになります。

逆に、アメリカのドルを売って、日本の円を買った場合は、4%分の金利を支払うということになります。

つまり、スワップ金利とは、しっかりと戦略を立て取り組めば・・・

毎日毎日、あなたの口座のお金を殖やしてくれる素晴らしい運用手段なのです


このスワップ金利がいったいどれ程、魅力的なものかというと・・・

取引会社によって多少は異なりますが、10万円の証拠金で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を毎日受け取る事が出来るのです。


1日に150円といったら、実はすごい金額です。


例えば銀行に100万円を預けて受け取ることのできる金利は、定期預金でも年に8000円程度です。十分承知かと思いますが、それにしても少なすぎます。

では、FXのスワップ金利はどうでしょうか?

1日に150円です。(ニヤリ)
10日で1,500円、100日で15,000円・・・・
1年間、365日で約55,000円です。

スワップ金利は放っておいても、毎日毎日、受け取る事のできる収入なのです。


しかも!
ここで注目していただきたいのが投資金額です。
10万円で年間約5.5万円のスワップ金利をゲットする事が可能です。

いかがでしょうか?これが、スワップ金利です。

では、100万円で投資を行ったとしたら・・・?(ニヤリ)
ちなみに、なぜ10万円でここまでの金利をゲットすることができるのか?疑問に思った方も多いでしょう。

実は、これが、FXの魅力の大きな魅力のひとつ【レバレッジ効果】というものです。

このレバレッジ効果については、後述します!

ECB金融政策が転換!?

昨晩のトリシェ総裁記者会見はかなり注目されてました。

内容について...
「物価動向のリスクは依然として上向き」としながらも「成長見通しへのリスクは下向き」との発言と、今回「金融政策は緩和的」という文言を省いた点から、
金利は当面据え置かれるとの予想。


ECBはインフレより経済成長に重心を置くとの見方が強まっており、
本日5日21:30発表の米雇用統計が前回に比べ良化する可能性が高いことからも、
ドル/円の上昇とユーロ/ドルの下落が予想される。

ポイントとなる1.4000ドルを割るかもしれませんので、その場合は追っかけ売りで!

参照:失業率と非農業部門雇用者数の推移グラフ 

2007.10.05 10:00


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

★決済注文★ ユーロ円成行売

日時:2007/10/04 1:30
通貨ペア:ユーロ/円
レート:164.78 ← 155.48
注文条件:成行
注文金額:x1
売買:売
有効期限:−

詳細

理由)
当初予定通りの手仕舞い をご参照ください。


※W2Cメンバーの皆様へ
 最終投資判断は各人の責任において行うようお願いします。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

当初予定通りの手仕舞い

いま成行 164.78 で EUR/JPY 手仕舞いました。(利食い・売り)

少し早い気もしますが、一応ポジション構築当初の約束の通りの終了です。
( 参照:押し目買いのチャンスが近づいています 、★新規ポジ★ ユーロ円買指値いれました )





今回はきっちり2番底をとれたので楽でしたね。大きな利食いとなりました。
やはり、有名人の皆さんも口を揃えておっしゃる様に、「ポジションメイクで勝敗の大部分が決まる」っていうのは本当ですね。
一度大きな下落がありましたが、結構余裕でしたから(笑)
トレードは心理状態・気持ちに大きく左右されます。


P.S.
近々に150円台(雲の上限あたり)が見れるようでしたら、再度買う予定ですので両建てにしておくのも手かと思います。
詳細は、次回10/7の会合にてご説明します。
わからないこと、疑問点・質問等はお気軽にご連絡ください。

2007.10.04 1:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


住宅バブル、それぞれの「夢の後」

これがサブプライムローンの実態 
 〜貧乏な人への間違ったお金の貸し方〜  レビュー)ひどい話です...

住宅バブル、それぞれの「夢の後」 
 〜買い手消え、崖っぷちに〜   レビュー)ホント怖い話です...


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

FOOREX

外国為替ポータルサイト
http://foorex.com/

外国為替ブログナビ
http://fx-blog.jp/



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


ECBに対する介入期待が...

ユーロ/円は東京時間、テクニカル要因で昨日の上昇分を吐き出す下落を見せ、
ロンドンタイム以降も「ECBに対する介入期待が高まっている(英FT記事)」など、欧州要人ユーロ高けん制発言が強まったことから頭を抑えられた。

本日は、豪ドル/円・NZドル/円、そしてユーロ/円の下げ幅が大きく、ユーロ/ドルの日足MACDが反転。
今から(本日23:00)発表となる9月中古住宅販売保留にも影響を受けると考えられるが、
「ドル/円の上昇、ユーロ/ドルの下落」に期待したい。
ちなみにユーロ/円はレンジかと。

2007.10.02 22:00


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

月間為替レート 20071001



月足は大きな陽線をつけたものとそうでないものに明確に分かれました。
これは、以前 明暗クッキリ でもコメントしましたが、それを再確認させるような上図となっています。

2007.09.24 11:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

週間為替レート 20071001



先週初は、「ドル安円安は明確ですね。さて、今週も継続するのでしょうか?」
コメント しました。
結果は、上図からもわかりますように加速しましたね。
さすがに売られすぎ感が出てきましたので、今週・来週のどこかで天井を打つ のではと前々から思っていますが...  どうなりますことやら(笑)

2007.10.01 11:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

  • seo

ウィンスクエアクラブ H.P.


s.t.f.PENTAGON