にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ   人気blogランキングへ   ウィンスクエアクラブ mixiコミュニティ   Twitterコミュニティ
にほんブログ村    人気blogランキング    mixiコミュニティ    Twitterコミュニティ



PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140331

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.03.31

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

主要経済指標発表予定 2014.03.31-04.04


3/31(月)
6:45 (NZ) 2月 住宅建設許可件数 [前月比]
8:50 (日) 2月 鉱工業生産・速報値 [前月比]
9:00 (NZ) 3月 NBNZ企業信頼感
14:00 (日) 2月 新設住宅着工戸数 [前年同月比]
15:00 (南ア) 2月 マネーサプライM3 [前年同月比]
15:45 (仏) 10-12月期 国内総生産(GDP、改定値) [前期比]
16:00 (スイス) 3月 KOF景気先行指数
17:30 (英) 2月 消費者信用残高
17:30 (英) 2月 マネーサプライM4
18:00 (欧) 3月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:00 (南ア) 2月 貿易収支
21:30 (加) 1月 月次国内総生産(GDP) [前月比]
22:45 (米) 3月 シカゴ購買部協会景気指数
22:55 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言





2014.03.30

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
続き… 

W2C-Matthew フォワード結果と同一期間バックテスト結果の差 20140329

公開しているmyfxbookのリアルフォワードテストと、
同一期間のStrategy Tester Report(≒ウォークフォワードテスト)を比較した。


予想に反して、今のところではあるが、若干myfxbookの方が良好。
これはトレード回数が92回とまだ少なく、もう少し積んでいけばより明確に誤差は小さくなると考える。


重要なのは、この結果に差がないことが、W2C-Matthewバックテストの価値を高め、より強く未来を担保するデータとなることである。



異常な高勝率をウリ文句に、超利小のスキャルピングEAでは、この差が大きくなる傾向にあることは言うまでもない。
最近の、バックテスト結果を否定する意見が脚光を浴びる傾向はこういった理由による。
(そもそもバックテストを否定しなければならないようなEAには、なんの価値も無い。)


対してW2C-Matthewは、1時間足を用いた利大損小のトレードタイプEAなので、
バックテストの持つ意味は非常に大きく、それはそのままロジック設計に影響を及ぼす。


myfxbook  Strategy Tester Report

詳細比較を以下に列記する。
項目 / myfxbookリアルフォワードテスト / Strategy Tester Report
Total net profit(%) / 9.31 / 8.34
Profitability / 36勝56敗 / 34勝58敗
Profit Factor / 1.32 / 1.28
Average Win($) / 107.34 / 111.06
Average Loss($) / -52.39 / -50.71
Maximal drawdown(%) / -5.91 / -7.33


小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html
「myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html
「EAのロジックがわかったところで..」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392547981.html
「気に入らなければクーリングオフOKのEA(イーエー)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392738040.html

2014.03.29

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

myfxbookによるリアルフォワードテスト 20140328





先週獲得した大きな利益を、今週動意薄の小さなレンジ往復ビンタ9連敗で吐き出してしまいました。 myfxbook → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html

しかしまあこの1週間を見れば、1勝9敗でチャラですから利大損小を実現していると言い換えることもできるのかもしれません。

W2C-Matthewは6年間3000回超のバックテストレポートでご報告の通り、
勝率は45%±5%、ペイオフレシオ1.6のEAですので、ある意味設計通りと言えます。
(もちろんこんな利大損小は極端なシーンではありますが。)


勝率も39%(34勝/54負)まで落ちてしまってますが、
逆にBTの 45%(1418勝/1723負)を考えれば、この先の連勝が楽しみです。


うちのトレードタイプEAの開発コンセプトは、勝率の高いEAではなく、
50%±10% & ペイオフレシオ1.2〜程度 の長〜く使えるものです。

小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html
「myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html
「EAのロジックがわかったところで..」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392547981.html
「気に入らなければクーリングオフOKのEA(イーエー)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392738040.html


2014.03.28

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

気に入らなければクーリングオフOKのEA(イーエー)


W2C-Matthewは投資助言代理業登録業者である(株)トリロジーが販売する、10日間クーリングオフOKのEA(= ExpertAdvisors)です。 クーリングオフ期間を過ぎれば稼働不可能となるよう設計されています。


ご存知のように 4/1より消費増税 で値上げとなってしまいます。

使って気に入らなければクーリングオフしていただけますので、
是非皆様のEAポートフォリオへの採用ご検討ください。 m(_ _)m


レポートにもありますように、
大きな利益獲得と、小さな損切りの繰り返しで成績を積み上げる、
自動売買初心者でもコントロールのし易い、
エントリー/イグジットが一対のMT4自動売買ソフトです。

是非とも一度お試しください。 → http://goo.gl/Vp4kwG

□□□□□■ 株式会社トリロジー(Trilogy Inc.) 
□□□□■□ 近畿財務局長(金商)第372号 日本投資顧問業協会会員

 ※ 契約締結前交付書面の一部抜粋
クーリング・オフ期間内の契約の解除
@ お客様は、契約締結時の交付書面を受領した日から起算して10 日を経過するまでの間、書面による意思表示で投資顧問契約の解除を行うことができます。
A 契約の解除日は、お客様がその書面を発した日となります。
B 契約の解除に伴う報酬の精算は、次のとおりとなります。
・ 投資顧問契約に基づく助言業務を行っていない場合は、投資顧問契約締結のために通常要する費用(封筒代、通信費等)相当額をいただきます。
・ 投資顧問契約に基づく助言業務を行っている場合は、日割り計算した報酬(契約期間に対応する報酬額÷契約期間の総日数×契約締結時の書面を受け取った日から解除日までの日数。ただし、社会通念上相当であると認められる分のみ。)をいただきます。この場合、契約期間に対応する報酬額を契約期間の総日数で除した金額について生じた一円未満の端数は切り捨てます。報酬の前払いがあるときは、これらの金額を差し引いた残額をお返しいたします。契約解除に伴う損害賠償、違約金はいただきません。




小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html
「myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html
「EAのロジックがわかったところで..」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392547981.html


2014.03.26

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

EAのロジックがわかったところで..


そのEAのロジック(≒売買ルール、ベッティングルール、その両方)が理解できたとしても、
そのロジックが利益をもたらしてくれるのかどうかは、
どれほど賢い人間であろうとも、
頭で考えて答えが出るようなものではありません。


アタリをつけることすら困難なのではないでしょうか。


なぜなら相場の値動きは、数学的に完璧なものではないにしても、
ほぼランダム・ウォークだからです。


仮にご自身の経験の中でワークした売買ルールがあったとしても、
短期間のソレでは、エッヂを見つけたことにはなりません。
早晩五分に戻されるような相場に見舞われるからです。
(右肩上がりを演出したEAも同じ)


ほぼランダム・ウォークである為替相場のエッヂを見つける唯一の方法は、
ある程度長期間の相場、あるいは統計的に十分なトレード数に照らし合わせた、
バックテストによる評価だけなのです。 ⇒ W2C-Matthew BTレポート


【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html
「myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html


2014.03.25

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140324

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.03.24

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)


W2C-Matthew(マシュー)は、リアルフォワードテストとしてmyfxbookによるリアルタイム成績を本年1/23〜公開しております。 → http://goo.gl/6T4G9g

 2つのフォワードテスト方法について

@ウォークフォワードテスト
 例えば過去5年間の4本値データを保有している場合、その4年分を用いてEAを最適化し、使用していない残り1年分で確認する方法。カーブフィッティングの度合いを開発段階で確認することができる。

Aリアルフォワードテスト
 完成したロジックとパラメータで実際にトレードシステムを使用して確認すること。前者に比べ信頼は高いように感じるが、確認に時間がかかることが欠点。



バックテスト(http://goo.gl/Vp4kwG)に近い結果が積み上がりましたので、以下報告します。
是非とも皆様のEAポートフォリオのど真ん中にご採用ください。


■ 情報、チャート(残高)

・1万ドル、0.3lot固定 (1.4万ドル達成で0.1lot追加)
・2ヶ月間 (2014.1.23 〜 2014.3.22) 
・損益: +13.82%
・ドローダウン: 5.04% 


■ トレーディング(Browser)



■ 詳細統計(歩み)、トレーディング活動(保有)、月次分析

・取引数: 77
・勝敗: 34勝43敗 (勝率44%)
・平均勝利: 36.68 pips / $107.96
・平均損失: -18.14 pips / -$53.22
・ベストトレード(pips): 139.0
・ワーストトレード(pips): -62.0
・平均トレード時間: 19h 49m
・PF: 1.60


■ 詳細統計(期間)、トレーディング活動(履歴)

・duration(取引期間と損益の関係)は、 25h、±2% にほとんどが収まっている
・横軸2d(=2日)を超える場所にプロットされたトレードは、週またぎのものであり、
 今のところそのほとんどが大きな利益となっている


小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html

2014.03.23

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

主要経済指標発表予定 2014.03.24-03.28


セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



3/24(月)
17:00 (仏) 3月 製造業購買担当者景気指数
17:30 (独) 3月 製造業購買担当者景気指数
18:00 (欧) 3月 製造業購買担当者景気指数

3/25(火)
18:00 (独) 3月 IFO企業景況感指数
18:30 (英) 2月 消費者物価指数(CPI)
18:30 (英) 2月 小売物価指数(RPI)
22:00 (米) 1月 住宅価格指数 [前月比]
22:00 (米) 2月 ケース・シラー米住宅価格指数
23:00 (米) 2月 新築住宅販売件数
23:00 (米) 3月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
23:00 (米) 3月 リッチモンド連銀製造業指数

3/26(水)
8:50 (日) 2月 企業向けサービス価格指数 [前年同月比]
16:00 (独) 4月 GFK消費者信頼感調査
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]
21:30 (米) 2月 耐久財受注

3/27(木)
未定 (南ア) 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
6:45 (NZ) 2月 貿易収支
8:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況
16:45 (仏) 3月 消費者信頼感指数
18:00 (欧) 2月 マネーサプライM3
18:30 (英) 2月 小売売上高指数 [前月比]
18:30 (南ア) 2月 卸売物価指数(PPI)
21:30 (米) 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
23:00 (米) 2月 住宅販売保留指数 [前月比]

3/28(金)
8:30 (日) 2月 全世帯家計調査・消費支出
8:30 (日) 2月 失業率
8:30 (日) 2月 有効求人倍率
8:30 (日) 2月 全国消費者物価指数(CPI)
8:30 (日) 3月 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
16:45 (仏) 2月 消費支出 [前月比]
16:45 (仏) 2月 卸売物価指数(PPI) [前月比]
18:30 (英) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)
18:30 (英) 10-12月期 四半期経常収支
19:00 (欧) 3月 消費者信頼感(確定値)
21:30 (米) 2月 個人消費支出(PCE) [前月比]
21:30 (米) 2月 個人所得 [前月比]
21:30 (米) 2月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]
22:00 (独) 3月 消費者物価指数(CPI、速報値) [前月比]
22:55 (米) 3月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値





2014.03.22

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

長期的な視点でテクニカル指標から見たドル円相場が今後円高となるこれだけの理由


■ 週足MACDダイバージェンスx2 同時売りサイン点灯 

USD/JPY週足チャート

上図はドル円の週足チャートにMACD、MACDヒストグラムをサブチャートとして表示したもの。
昨年5月22日103.73円の高値でつけたMACD値の大きさから、年末のきれいな三角保ち合い上放れもエネルギー不足、高値は年初日の105.44円(レートは下に示すダウントレンドラインにピタッ)で次々週にはMACDダイバージェンスサインが点灯した。

MACDとMACDシグナルの差を示すMACDヒストグラムダイバージェンスのサインはこれより1週早く点灯し、ダイバージェンスのサインがほぼ同時に点灯する強い売りサインとなった。(週足チャートのダイバージェンスサインは極めて稀で、10年遡っても同様レベルのサインを発見できず)



■ 超長期ダウントレンドラインのレジスタンス

USD/JPY週足チャート

90年台から続くドル円下降トレンドラインが年初105円で抵抗。
一応未だにワークしているようにも見える。
このUSD/JPY週足チャートでは、少し乖離しているように見えるが、

USD/JPY日足チャート

日足チャートで拡大表示すると、怖いぐらいジャストで反転している。(○で囲った部分)
パターン的には過去の反転ポイント同様三尊天井で、今まさに右肩をつけての下落をイメージできる。



■ 金ドル相場から間接的な理由

XAU/USD週足チャート

上図は2011年9月に1920ドルの天井を含んだここ数年のXAU/USDチャート。
現在は昨年6月と年末につけた直近安値がほぼ同じ値できれいなダブルボトムをつけて、
長期下降トレンドの強い反転を示している。

XAU/USD月足チャート

上図のようにさらに超長期で見ると、金ドル相場はここ数年がまさに強いアップトレンドの踊り場ともとれ、
ここから3000ドルを目指す新たなアップトレンドがスタートしてもおかしくはない形。(四角で囲った部分が上のXAU/USD週足チャートと同等の部分)

金と米ドルの逆相関はよく知られており、これは前記ドル円相場の下落を間接的に示唆するものとなる。



■ 最後にドル円直近の日足チャートから

USD/JPY日足チャート

一目均衡表雲に抑えられ、遅行スパンもデッドクロス、加えて
昨年来続く、バクっとカウントしても9回もサポートとしてワークしているアップトレンドラインを近々割り込みそうな動きとタイミング。
当然サポート回数に比して割り込んだ時のエネルギーは大きい。


トリガーはいつもファンダメンタルズ的な理由であり、どれになるかはわからないが、現在その理由探しには事欠かない状況。


2014.03.21

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

ミラートレーダー(Tradency)攻略法 試行錯誤中


H24年より人的要件が厳しくなり1年7ヶ月を要しましたが、投資助言代理業登録を機に、
弊社虎の子のトレードタイプEAが現在、トレーデンシー社Mirror Traderストラテジー採用試験を受験中です。
w2c-matthew_MirrorTraderバージョン、、、もし合格したら是非とも選んでやってください。)



この採用試験ですが、一説には数%という狭き門とのことでしたので、
先行して今タイアップキャンペーンでお世話になっているセントラル短資FXで、
デモ運用にチャレンジしてみました。



初月の成績は、適当に選んだストラテジーであったにもかかわらず、
10%超/月というパフォーマンスがでました。

かなり期待しての今月、2ヶ月目。
T-Scoreなるトレーデンシー社独自のストラテジー採用基準がありましたので、
全期間その上位ランカーを根こそぎ選択し放置しました。
その結果… いまのところ 500万 → 420万 まで凹んでます。

( ( 条件 ) )
 ・セントラル短資FX ex.USD/JPYスプレッド2.5pips
 ・2014/02/28 - 2014/03/18
 ・T-Score上位48ストラテジーを選択(総数300)
 ・通貨ペア19種類
 ・総トレード数>700




狭き門をくぐり抜けたこれだけの凄いストラテジーたちでも、
期間は短いとはいえ、見事に右肩下がり。想定外でした。。。


通貨ペアが偏っているわけでもなく、
それほど大きな暴騰暴落もない相場で、
選び方が悪いわけでもないのに、
利小損大ぎみだったが700を超えるトレードの勝率もほぼ5割、
??
選び方をもう少し研究して次回報告します。m(_ _)m

小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜
EAポートフォリオのど真ん中にご採用ください。



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html

2014.03.20

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

FXはギャンブルか?


FXは博打なのか否か?
私は今でも聞きかじったぐらいの人とよく口論^^;になります。株や不動産は投資なのに…


まあ予想できないということで言えば博打となるのでしょうが、
レベルは違えどそれは全てにおいてそうですね。


レバレッジを効かせすぎると博打、低レバなら投資みたいに言う人もいます。
要はその議論、どこまでいっても答えはないということです。



未来を予測できると思っているのは、相場を張ることもなく、語ることでマーケットに参加しているつもりのひとに多いですね。

先々週為替で有名なミスター◯氏が、7日の米雇用統計好結果をもとに、来週のドル円レンジを102円〜107円とおっしゃってました。
その幅の大きさにもそうですが、107円というのがかなり大胆な数字で、間違いかなと少し驚いたので記憶していました。
当然結果は見事に外れとなりましたが、この方曲がりやで有名ですので、数字もさることながら真剣に為替相場と向き合っている殆どの人は信じなかったと思います。




そんな誰でもわかるような明確なものってあるはずないですよね。
勝てば官軍、結局勝者にとって博打であろうが何であろうがいいのです。


相場で勝ち残っているホンモノは、この不確実な相場の世界にある薄いエッヂを嗅ぎ分け、
利益をとり続けています。


これがプロデイーラーのお仕事です。

セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓




【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html
「誤解されがちな「優れたトレーダーと優れた自動売買システム」のコト」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391480792.html

2014.03.19

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

投資の天才...以外の方々へ → EA入門機


利益を伸ばすためには利食いを遅らせる。
逆にダメージを抑えたければ、いち早く損切りを行う。



コレができれるのであれば、もう相場からは好きなだけ取り放題ですネ。
しかしコレ、凡人には不可能です。



利食いは気持よく、損切りは苦しい… これが人間として当たり前の感情。
一般的に人は利食いを急ぎ、損切りは遅らせるものだそうです。



「お金を得た喜びよりも、失う苦痛の方が大きい」というこの理論。
言い換えれば、 恐怖>>>欲望 です。
ノーベル経済学賞を受賞したダニエルカーネマン (Daniel Kahneman)は、人間は「損をするように出来ている」と言います。 → 利小損大のメカニズム参照

【過去記事】
「利を伸ばすためには時間がかかる!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/132332742.html
「トレードに影響を及ぼす4つの心理的バイアス...5/5  損失嫌悪」
 → http://w2c.seesaa.net/article/119615704.html
「平均回帰と呼ばれる現象」
 → http://w2c.seesaa.net/article/138505696.html
「FXで破産に至る理由とメカニズム」
 → http://w2c.seesaa.net/article/152586087.html




デイトレードで生計を立てられるような人がほとんど存在しない理由です。
だから我々は 初心者にはとくに 自動売買 を オススメ するのです。



机上の空論で埋め尽くされたFX指南書や、多くのインジケーターでそれっぽくなった止まったチャートの解説書からは、自身の売買ルールを作り上げることはできないでしょう。



優秀なEAのトレードを観察すること、
売買はEAに任せ自身は成績の記録とそこから導かれるリスク管理を学ぶことのほうが、
投資家としてのレベルをはるかに引き上げてくれるものです。


W2C-Matthewは初心者がとても扱いやすく、資金管理も容易なFX自動売買ソフト(EA)の入門機です。


小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜
EAポートフォリオのど真ん中にご採用ください。




【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html

2014.03.17

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140317

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



2014.03.17

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

市場はランダムウォーク!?


「相場の値動きは、どの時点においても長期的にも短期的にも「上昇と下降の可能性」がほぼ同じであり、独立した事象であるから、過去のトレンドやデータによって将来の値動きを予測することは不可能である」
 … とするのがランダム・ウォーク理論です。


しかしこれはあくまでも数学的に厳密なランダム・ウォークであることが前提で、
相場には少なからず「上昇と下降の可能性がその逆に対して、
明らかに確率的優位性が高いポイント(あるいは時間)があります。

2014.03.14

・金融市場のゆらぎのメカニズムを物理学で解明 http://www.titech.ac.jp/news/pdf/n000204.pdf
・アインシュタインの「揺動散逸関係」は金融市場でも成立している - 東工大 http://news.mynavi.jp/news/2014/03/12/047/

011l.jpg




行き当たりばったり、無作為にエントリー/イグジットを繰り返すどのようなEAにおいても、
試行回数を増やすことで、収支は ±0(プラマイゼロ) に収束します。



これは、理に適った売買ロジックでなければ、ブローカーに有利な(=我々に不利な)マイナスエッヂ(≒スプレッド、スリッペ−ジ、未約定、他)により、徐々に資産が削られることを意味します。



海外フォーラムのソースコードが公開されているフリーEAや、情報商材として販売されているトレードタイプEAには、利益を積み上げるためのエッヂが足りないものが、そのほとんどを占めています。



今現在勝っているEA、これまで利益を積み上げたEAは、後に同じだけのドローダウンを喰らい、逆に今負けているEAがそのうち勝ち始めるのです。



未来を担保するためには、過去の様々な相場に照らし合わせ、どのようなシーンであってもワークすることが重要であると考えます。



今回我々が目指したのは、ブローカーに有利なマイナスエッヂを、遥かに上回るエッヂを有するEAでした。 ※ 定義の引用はコチラ http://findedge.jp/blog/ameblo/33


小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜
EAポートフォリオのど真ん中にご採用ください。



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html


セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



2014.03.16

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

主要経済指標発表予定 2014.03.17-03.21

3/17(月)
19:00 (欧) 2月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]
21:30 (加) 1月 対カナダ証券投資額
21:30 (米) 3月 ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:00 (米) 1月 対米証券投資(短期債除く)
22:15 (米) 2月 鉱工業生産 [前月比]
22:15 (米) 2月 設備稼働率
23:00 (米) 3月 NAHB住宅市場指数

3/18(火)
19:00 (独) 3月 ZEW景況感調査(期待指数)
19:00 (欧) 3月 ZEW景況感調査
19:00 (欧) 1月 貿易収支
21:30 (加) 1月 製造業出荷 [前月比]
21:30 (米) 2月 消費者物価指数(CPI)
21:30 (米) 2月 住宅着工件数
21:30 (米) 2月 建設許可件数
未定 (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

3/19(水)
6:45 (NZ) 10-12月期 四半期経常収支
8:50 (日) 2月 貿易統計(通関ベース)
13:30 (日) 1月 全産業活動指数 [前月比]
14:00 (日) 1月 景気先行指数(CI)・改定値
14:00 (日) 1月 景気一致指数(CI)・改定値
16:45 (仏) 1月 経常収支
17:00 (南ア) 2月 消費者物価指数(CPI)
17:15 (日) 黒田東彦日銀総裁、発言
18:30 (英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
18:30 (英) 2月 失業保険申請件数
18:30 (英) 2月 失業率
19:00 (欧) 1月 建設支出
20:00 (南ア) 1月 小売売上高 [前年同月比]
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]
21:30 (加) 1月 卸売売上高 [前月比]
21:30 (米) 10-12月期 四半期経常収支
27:00 (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
27:00 (米) FOMC、長期国債購入額(月額)
27:00 (米) FOMC、MBS購入額(月額)
27:30 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

3/20(木)
6:45 (NZ) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]
8:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況
16:00 (スイス) 2月 貿易収支
16:00 (独) 2月 生産者物価指数(PPI) [前月比]
17:00 (日) 黒田東彦日銀総裁、発言
17:30 (スイス) スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
17:30 (香港) 2月 消費者物価指数(CPI) [前年比]
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
23:00 (米) 3月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数
23:00 (米) 2月 中古住宅販売件数
23:00 (米) 2月 景気先行指標総合指数 [前月比]

3/21(金)
18:00 (欧) 1月 経常収支
21:30 (加) 1月 小売売上高 [前月比]
21:30 (加) 1月 小売売上高(除自動車) [前月比]
21:30 (加) 2月 消費者物価指数(CPI)
21:30 (加) 2月 消費者物価指数(CPIコア)
24:00 (欧) 3月 消費者信頼感(速報値)





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



2014.03.15

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

誤解されがちな「優れたトレーダーと優れた自動売買システム」のコト


日本にFXが浸透してこれほどの年月が経ったにもかかわらず、

 優れたトレーダーのトレーディングを見たことがない人、
 優れた自動売買システム(EA)を使ったことがない人がほとんどなのではないでしょうか。



ましてやトレード未経験、始めたばかりの初心者が、ソレに出あう確率はきわめて低く、
また今のインターネットの世界ではかなり困難と言えるでしょう。

なぜならその世界の現状は、厚顔無恥な詐欺師の話や、
煽(あお)りだけが立派な偽物を扱うwebページの方が、
知識に乏しい初心者には、「儲かりそう(^^)」と映るからなのです。



相場に夢を持って参入してきたはずなのに、
その幻想から多くの人が、この最初のトラップにものの見事に引っかかり、
大きな損失を経験しています。



詐欺師に騙され、
あるいは嘘のデータで飾られたまがい物を掴まされ、
相場から撤退した投資家の話は、実社会では枚挙にいとまがありません。
(当然?ですが、成功談と違ってネットにはその手の体験談は載りません...)




優れたトレーダーや自動売買システム(EA)に出逢えば、誰もが楽に勝てる、
楽に儲けられると誤解している人が多すぎます。


どんなに優れたトレーダーや自動売買システム(EA)でも、
勝率が50%を下回るモノももちろんありますし、
勝率は極めて高いがちょくちょく大負けするモノもあります。



負けている(負ける)人には、大きな共通点が有ります。

それは、大きな連敗、あるいは1度の大きな負けにより、ソレをやめてしまう人なのです。


【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 各種バナー ダウンロード <InfoTop用>」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381569435.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html

セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓




2014.03.15

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140310

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら







2014.03.10

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

主要経済指標発表予定 2014.03.10-03.14

3/10(月)
未定 (日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)
8:50 (日) 1月 国際収支・経常収支・貿易収支
8:50 (日) 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値)
14:00 (日) 2月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI
16:45 (仏) 1月 鉱工業生産指数 [前月比]
17:15 (スイス) 1月 実質小売売上高 [前年同月比]
21:15 (加) 2月 住宅着工件数

3/11(火)
未定 (日) 日銀金融政策決定会合、マネタリーベース年間増加目標
8:50 (日) 2月 マネーストックM2 [前年同月比]
15:30 (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
16:00 (独) 1月 貿易収支
16:00 (独) 1月 経常収支
18:30 (英) 1月 鉱工業生産指数 [前月比]
18:30 (英) 1月 製造業生産指数 [前月比]
19:00 (南ア) 1-3月期 四半期 南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数
23:00 (米) 1月 卸売在庫 [前月比]

3/12(水)
8:50 (日) 1月 第三次産業活動指数 [前月比]
8:50 (日) 2月 国内企業物価指数
8:50 (日) 1-3月期 四半期法人企業景気予測調査・大企業業況判断指数(BSI)
9:30 (豪) 1月 住宅ローン件数 [前月比]
14:00 (日) 2月 消費者態度指数・一般世帯
15:30 (仏) 10-12月期 非農業部門雇用者・改定値 [前期比]
17:00 (南ア) 10-12月期 四半期経常収支
18:30 (英) 1月 貿易収支
19:00 (欧) 1月 鉱工業生産 [前月比]
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]
27:00 (米) 2月 月次財政収支

3/13(木)
5:00 (NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
8:50 (日) 1月 機械受注 [前月比]
9:01 (英) 2月 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数
9:30 (豪) 2月 新規雇用者数
9:30 (豪) 2月 失業率
14:30 (中) 2月 鉱工業生産 [前年同月比]
14:30 (中) 2月 小売売上高 [前年同月比]
16:45 (仏) 2月 消費者物価指数(CPI) [前月比]
18:00 (欧) 欧州中央銀行(ECB)月報
21:30 (加) 10-12月期 四半期設備稼働率
21:30 (加) 1月 新築住宅価格指数 [前月比]
21:30 (米) 2月 小売売上高
21:30 (米) 2月 輸入物価指数 [前月比]
21:30 (米) 2月 輸出物価指数 [前月比]
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
23:00 (米) 1月 企業在庫 [前月比]

3/14(金)
8:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨
11:00 (シンガポール) 10-12月期 四半期失業率(確定値)
13:30 (日) 1月 鉱工業生産・確報値 [前月比]
16:00 (独) 2月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前月比]
17:15 (スイス) 2月 生産者輸入価格 [前月比]
21:30 (米) 2月 卸売物価指数(PPI) [前月比]
21:30 (米) 2月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前月比]
22:55 (米) 3月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値





2014.03.09

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

確実に勝てるとこだけエントリーします www


「安全で確実に勝てるポイントのみエントリーします」
セールスページやFXブログでよく見かける文言ですが...
多くの投資家はその経験に比例して大きな違和感を抱くことでしょう。

そもそもそんなポイントがあると思いますか?

安全も確実もそんなポイントなど相場には存在しません。

仮にあったとしても、そのような特殊な条件や指標乖離を、エントリーもせずチャートを眺めて待ち続けることはできませんし、年に数える程しかエントリーしないEAを稼働させ続けることもできません。


しかも、実は特殊条件であればあるほど検証データ不足から、反してそれがワークする根拠は希薄になるのです。


またエントリーポイントが同じでも、イグジットが違えば真逆の成績になることもあります。

損切りも含め、条件に合致したからエントリー → イグジット条件を満たせば決済、
ひたすらこの繰り返し。

1回1回のエントリーに存在するエッヂを、その1回の取引から見極めることは不可能です。
同一条件下において数百数千の取引を繰り返し、統計データとして扱うことではじめて相場に対するエッヂの有無が確認できるのです。



 勝ったり負けたり 勝ったり負けたり 勝ったり勝ったり、、、
  や、
 大きめに勝ったり負けたり負けたり 大きめに勝ったり負けたり 大きめに勝ったり、、、
  で、利を積んでいくのがトレーディングです。





以前、この記事( http://w2c.seesaa.net/article/173240662.html )で、
「とりあえずとだけ付け加えさせてもらいますが、相場には資金管理のみで勝つという結論に至りました。」と書きました。

本当に長い間、紆余曲折・まわり道もしましたが、今回やっと次のステップに移行することができました。

エントリー/イグジットが一対で、それぞれが任意の時期からスタートしても、相場に対してエッヂを持つトレードタイプのEAを開発しました。
  W2C-Matthewレポート → http://goo.gl/Vp4kwG
グリッドタイプとトレードタイプのEAポートフォリオ運用の始まりです。

小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜
EAポートフォリオのど真ん中にご採用ください。



【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html

2014.03.05

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140303

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.03.03

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

W2C-Signal RT 2月度


2/3〜2/7 -268 pips
2/10〜2/14 -7 pips
2/17〜2/21 -28 pips
2/24〜2/28 -28 pips
合計    -331 pips

参考:ガチンコFX http://fx.aol.jp/author/sumi/

邦銀時代より20年以上年間収支でのマイナスなし
元インターバンクディーラー(現役投資運用業為替担当者)が
すべてのFXトレーダーに贈る売買シグナル配信
W2C-Signal RT(アールティ)w2c-signalrt.com
シグナル配信の歴史が変わります。



【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 各種バナー ダウンロード <InfoTop用>」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381569435.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html

2014.03.03

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

主要経済指標発表予定 2014.03.03-03.07

3/3(月)
8:50 (日) 10-12月期 四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額 [前年同期比]
10:45 (中) 2月 HSBC製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
17:30 (スイス) 2月 SVME購買部協会景気指数
17:50 (仏) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:55 (独) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:00 (欧) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:30 (英) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI)
18:30 (英) 1月 消費者信用残高
18:30 (英) 1月 マネーサプライM4
22:30 (加) 1月 鉱工業製品価格 [前月比]
22:30 (加) 1月 原料価格指数 [前月比]
22:30 (米) 1月 個人所得 [前月比]
22:30 (米) 1月 個人消費支出(PCE)
23:00 (欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
24:00 (米) 2月 ISM製造業景況指数
24:00 (米) 1月 建設支出 [前月比]

3/4(火)
8:50 (日) 2月 マネタリーベース [前年同月比]
9:30 (豪) 10-12月期 経常収支
9:30 (豪) 1月 住宅建設許可件数 [前月比]
10:30 (日) 1月 毎月勤労統計調査-現金給与総額 [前年同月比]
12:30 (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
18:30 (英) 2月 建設業購買担当者景気指数(PMI)
19:00 (欧) 1月 卸売物価指数(PPI)

3/5(水)
9:30 (豪) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP)
18:00 (欧) 2月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:30 (英) 2月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
19:00 (欧) 1月 小売売上高
19:00 (欧) 10-12月期 四半期域内総生産(GDP、改定値)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]
22:15 (米) 2月 ADP雇用統計 [前月比]
24:00 (加) カナダ銀行 政策金利
24:00 (米) 2月 ISM非製造業景況指数(総合)
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

3/6(木)
9:30 (豪) 1月 貿易収支
9:30 (豪) 1月 小売売上高 [前月比]
20:00 (独) 1月 製造業新規受注 [前月比]
21:00 (英) イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
21:00 (英) 3月 英中銀資産買取プログラム規模
21:30 (米) 2月 チャレンジャー人員削減数 [前年比]
21:45 (欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
22:30 (加) 1月 住宅建設許可件数 [前月比]
22:30 (米) 10-12月期 四半期非農業部門労働生産性・改定値 [前期比]
22:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
24:00 (加) 2月 Ivey購買部協会指数
24:00 (米) 1月 製造業新規受注 [前月比]

3/7(金)
14:00 (日) 1月 景気先行指数(CI)・速報値
14:00 (日) 1月 景気一致指数(CI)・速報値
15:45 (スイス) 2月 失業率
16:45 (仏) 1月 財政収支
16:45 (仏) 1月 貿易収支
17:15 (スイス) 2月 消費者物価指数(CPI)
20:00 (独) 1月 鉱工業生産 [前月比]
22:30 (加) 1月 貿易収支
22:30 (加) 2月 失業率
22:30 (加) 2月 新規雇用者数
22:30 (加) 10-12月期 四半期労働生産性指数 [前期比]
22:30 (米) 2月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
22:30 (米) 2月 失業率
22:30 (米) 1月 貿易収支
29:00 (米) 1月 消費者信用残高 [前月比]





2014.03.01

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
  • seo

ウィンスクエアクラブ H.P.


s.t.f.PENTAGON