NZドル/円(NZD/JPY)相場について...つづき

あいかわらずクロス円の下げは急激ですね。各国に対するこれだけの大きな金利差が継続中(これからも)ということから、こういった動きは当然なのですが、それにしても毎年お盆休みはうかうかできませんね。(笑)



2008.07.28の記事つづき、ここからの展開について予想し準備します。本ストラテジーを支持してくださった皆さんは、短期間で大きな利益がのり、「はやく利食って確定させたい」という衝動と葛藤中だと思います。


オセアニア通貨の下落に関しては、とりあえずプロの勝利?(ピックアップ マーケット情報 240番)ということで決着でしょうか。


いつもそうですが、「こうなったらこうする」というシナリオをたてておかないと、急激な動きや、利小損大のメカニズム、欲深い感情をコントロールすることは難しいので、一般論ですが、よかったら参考にしてください。見落としていることも多いので...

 ・ 現在はNZD/JPYだけでなく全体的に円高ぎみ。
 ・ ここに記載しましたが、この日までは3/17安値を下回っているのはNZD/JPYのみ。それまでの下げが緩かったことを差し引いても最弱かと...
 ・ 昨年8/17の安値74.22も下回ってきました。
 ・ トレンドを測るのに用いられるADXは、大きなトレンドを示唆。
 ・ 規模的にはボリンジャーバンド-3σにバンドウォーク中
 ・ タイミング1:ボリンジャーバンド+3σの反転
 ・ タイミング2:MACD(12,26,9)の反転
 ・ トレーリングについて: @最悪ポジションメイクの値ではすべき!? A通常たくさんあるチャートポイントの好みのポイントに設定、 Bおススメは前日の高値で毎日更新。急激な動きに対応。


W2クラブの方々は、こちらをクリックしてください。

【過去記事】
 2008.07.28
 2008.07.09


2008.08.13 12:00

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック