ユーロ/ドル(EUR/USD)はわずか一か月で1500ポイントも下落

ユーロ/ドルは、当時はにわかに信じがたい(笑)目標(http://w2c.seesaa.net/article/102863371.html)に、短期間で到達。

ここからは、一旦自律反発(1.5000あたり)する可能性が高いと思いますので安易なショートは控えた方が。。。

ただし、この水準近くでは、再度ショートポジションメイクがおススメです。
超えてくれば一旦損切り → チャートポイントでのショートのチャンスを窺いましょう。

■ ユーロ関係ファンダメンタルズ
 ・ ユーロ圏の景気の問題(ユーロ圏のGDPがマイナスに転落したのは1999年に単一通貨ユーロが導入されて以来初めて)
 ・ 景気の悪化に対するインフレ警戒スタンス(利下げへ)
 ・ グルジア問題(グルジア問題は表面上の停戦合意をよそに、水面下でロシアと米・西欧の厳しい駆け引きが続いている)
 ・ すべてのマイナス要因・材料を織り込む時期が不透明


【過去記事】
 2008.08.12
 2008.07.14

2008.08.18 12:00

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック