ユーロ/ドルについて 20080820

昨晩は、様々な理由(ZEWが思ったほど悪くなかった / 原油の一時的?な上昇 / ユーロ急落に対する自律反発2008.08.18から、ユーロドルが反発しました。ここまでの安値は、1.4629。



図はEUR/USD日足チャートにMA21、MA200日線、一目均衡表、フィボナッチとMACDを加えたものです。

今回の1500pipsを超える下落(機関投資家といわれる長期の運用を目指した年金基金、投資信託、長期ヘッジの解消等による??)に対する反発としては、強い戻りとは感じません。

また、以前のレンジ相場、ボックス圏が1.44-1.49であったことから、もしこの目標値(1.46)に到達した場合でも、一旦は止められやすいであろうと考えていました。

ここからの戦略ですが、左右対称のミラー相場が意識されれば、ここから続くと予測されるレンジ相場(2ヶ月強?)でトレード成績UPを目指しましょう。

チャートポイントとしては、1.5ちょうど、38%戻しの1.516あたり。
戻りを小さく売っていくことも。
もし1.533を超えた場合は方針変更。そこまでの回復がなければ、今回の大きな下降トレンドに変化なしと判断します。

いつものように、W2クラブの方々は、こちらこちらをクリックしてください。宜しくお願い致します。
また、こちらアップしましたのでご査収ください。


【過去記事】
 2008.07.10
 2008.05.15

2008.08.20 12:00

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. W2Cメンバーへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック