トレンド分析

@上昇トレンド
 上昇が始まったときの安値と次の安値を結んだ線で右肩上がりに
 なっている状態。(高値と安値が連続して切り上がっている状態)


A下降トレンド
 高値と高値を結んだ線で右肩下がりになっている状態。
 (=高値と安値が連続して切り下がっている状態)

Bもち合いトレンド
 トレンドがない状態



■ 抵抗線 ⇒ 相場の頭を押さえている線
■ サポートライン(下値支持線)
相場を支えている線、安値と安値を結ぶことで引くことが出来る線。
サポートラインに近づくと反転する可能性が高い。割り込んだ場合には、トレンドの転換点となる。
■ レジスタンスライン(上値抵抗線)
相場の上昇を抑えている線。高値と高値を結ぶことで引くことが出来る線。レジスタンスラインに近づくと反転する可能性が高い。レジスタンスラインを抜けた場合には、トレンドの転換点となる。トレンドラインを引く場合、長いひげはカウントしない場合もあります。
チャート上にラインを引くことでトレンドを把握することが出来ます。

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック