【日本】貿易立国から投資立国へ @

貿易立国から投資立国へ。 ( 貯蓄の時代から投資の時代へ )
すでに日本経済のマクロ的な構造は逆転しており、経常収支の落ち込みと資本流出の数値がそれを物語る。


少し前の話になるが、先日8/13に発表(財務省)された本邦6月の国際収支では、貿易収支の黒字が前年同月比81.3%減少の2521億円となったことから、経常収支の黒字は過去最大の減少額となる前年同月比1兆224億円(67.4%)減の4939億円にとどまったそうだ。


あまりフォーカスされていない?、あるいは報道で大きく取り上げられなかったのが不思議なのだが、
67.4%減少というのは、かなりショッキングな数字ではないのか?
67.4%減と表現するより、「1兆5000億円が5000億円、約3分の1になった」と言われたほうがわかりやすいのかもしれないが...


同時に発表された上半期(1〜6月)の国際収支は、前年同期比15.9%減の10兆4558億円となり、2005年上半期以来、6期(3年)ぶりに黒字幅が縮小したそうだ。
( ⇔ 輸入が11.6%増の36兆3182億円と12期連続で増加、調査開始以来過去最大額を記録)


その一方では、日本の企業などが以前行った海外投資からの配当や金利収入などを示す「所得収支」の黒字は、0.8%微増の8兆5371億円で、半期ベースで過去最大の黒字額となったらしい。
巨額な対外純資産残高を積み上げる世界最大規模の債権国である日本の、対外純資産は投資リターンで年々積み上がっているらしく、表面的には一応?金融立国に向かっているようではあるのだが...

⇒ 【日本】貿易立国から投資立国へ A


ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック