AUD/JPY(豪ドル/円)日足チャート テクニカル分析 +α



上図は、AUD/JPY(豪ドル/円)日足チャートに一目均衡表、MA200日線乖離率他を加えたもの、2008.09.01のつづきです。

・ 週明け、タイミングよく?米政府系住宅金融機関2社のニュースもあり、ギャップをあけて上昇。
・ ロンドンタイムに入ったが、未だその窓は埋まらずの状況。
・ 一目均衡表雲ネジレからの底予想は少しズレたが、遠からず一応86円台のいいポジションをGET済み。
・ これだけの急降下の後は決まって...
・ なので、ボリンジャーの次のエクスパンジョンを見ながらスワップでもためましょう。(もちろんその前にスクイーズ期間が必要ですが。)
・ 以前の記事で書きましたMA200日線からの乖離率は、相変わらず使えますね。
・ MACDのGC前サイン(反転&sig.幅縮小)と合わせても、次の指値がついて欲しいところです。
・ 気になるテクニカル指標サインもありますが、今は黙殺。
・ これだけの相場でも、すべてのサインが揃うことありませんね。
・ 今回指値は資金管理ルールを守れているかわかりませんのであえてメールしません。
  必要な方はご連絡ください。(有効期限短いと思います。)


【過去記事】
 2008.09.01
 2008.07.09
 2008.06.24 
 2008.05.19

2008.09.08 17:00

最後までお付き合い頂きありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いします!
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック