ドル/円(USD/JPY)現状確認と分析



9月に入ってから大荒れでしたが、先週から落ち着いてきましたね。
ニュースもそういったものが多くなってきたような。。。

表題通り、これまでの確認と現状分析ですが、項目ごと下に列記してみました。

■トレンドライン
・3/17からの急上昇トレンドラインを割り込んだのが、5/9
・102.56で止まるが、再上昇は上記ライン(レジスタンス)でキャップ
・もみ合い後 → 今回の緩やかな上昇トレンドラインを形成
・9/16、それを割り込んで現在に至る
・例に漏れず上記ラインが抵抗となっている状況

■一目均衡表
・4/23に雲を上抜けてから、9/12までの長期間に渡り、雲がサポートとして機能
・ここ2週間はそれがレジスタンスとなり、ちょうどフラットな先行スパン2で高値は抑えられたまま
・直近の一目均衡表雲のねじれは、10/15
・そこまでこのあたりのレートが継続するなら、上記日までには遅行スパン(見易い為先行させてます)の好転が見られる可能性大

■MA、MACD
・MA75日線は以前のレジスタンス、今回7/16はサポートとして機能
・現在レートはMA75日線と200日線で囲まれた近辺
・MA200日線は依然として下向きだが、MA75日線が再度もぐりこんで上抜ける(年末?あたり)と、買い安心感、かなり強いサインとなるのだが...
・MACDは深いレベルでのGCをいい角度で示現。
・レジスタンスとして働く前記トレンドライン、一目均衡表雲、MA75日線を上抜けることができれば、前回高値(110.65)更新の確率は高く、プラス2円程度の目標は設定可能かと。

2008.09.29 13:00

長文お付き合い頂きありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしておりますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック