【各国】金融危機現状確認と鎮静化に向けて期待できるものまとめ

USD-INDEX 20081006

【金融危機 現状確認】
・日経平均、2003年12月以来の10000円割れ。
・上海総合指数、前日比72.65ポイント(3.34%)安の2101.09ポイントで寄り付き。
・ブラジル株式市場(ボベスパ指数)、寄り付き直後に10%下落し2度に渡り売買停止に。
・米ダウ平均株価、800ドルを超える下げ幅を記録。1万ドルを割り込んだ。
・英FTSE100種は7.9%の下落を喫し、1987年10月以来最大の下げを記録。
・投資家の悲観度を示すVIX指数は50台を超え、51.24と過去最悪を更新。
・NY原油先物は世界的な景気後退懸念を背景に急落、87.81ドル(6.5%安)で取引を終了。
・他


【鎮静化に向けて今後期待できるもの一覧】
・今週予定の各国政策金利発表(日、豪、英、南ア)
・各中央銀行の介入orオペ
・EU圏の預貯金保護法→増
・米金融安定化法の実施
・FRB(連邦準備制度理事会)とECB(欧州中銀)が(緊急)協調利下げ
・週末のG7
・他


2008.10.07 12:30

退出前にランキングUPへのご協力をお願いしておりますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. VTTを用いたシストレモニターを記載しました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック