「理不尽」な相場

投資は自己責任といいます。もちろんその通りですし、理解しているつもりです。
が、これほど異常な相場の変動も、「常に相場が正しい」 だから仕方がないということなのでしょうか。

通貨安定が各国中央銀行の唯一の仕事/使命?のはず...

日本の個人投資家の大多数は、そんな大それた考えはなく、大儲けしようとしていた訳でもないと思います。円資産だけでは将来が不安という、ある意味当たり前の理由から、外貨にリスク分散させ守ろうとしていた方がほとんどだったと思っています。
そんな個人投資家達の大切なお金が、こんな無茶な相場の変動により消えて無くなろうとしている、こんな緊急事態においても、期待しては駄目なのでしょうか。(投資をしていない方にも、近い将来、貿易赤字転落→景気減速に伴う甚大な被害がでます。)

今回は「理不尽」な相場を痛感させていただいたと同時に、元来人間に備わったモラルみたいなものも、『ここ』では信じては駄目だ、ということを学びました





我々の代表口座も、設定したレバで仕込み終わった時点でのロスカットレベルは、ZAR/JPY:7.9円 & AUD/JPY:65円というものでした。それまで数年に渡って信じてきた(慣らされてきた?)スワップでの運用(※)ということで、大幅にリスクを低減させていたことが、今回完全に裏目になりました。
 (※)感覚は外貨預金に近い長期保有でしたが、「レバレッジx1」を超えた時点で『別もの』であるということを学びました

今もロスカットレベルを下げて耐えてはいますが、元資金の3割に当たる極めて大きな損失を確定させ、含み損を除くと現在2割を残すのみという状況です。  一応レートが回復すれば原点復帰までは戻ります。  が、そんな淡い期待も虚しくなるほどの、MLにて報告してきた通りの...瀕死の状態です。






昨晩、ドル/円が90円台からの反発を見せた際に目にしたニュースで、LDN勢ショートカバーというものがありました。

真偽の程は定かではありませんが、あの局面でさらに下、超低レバのロスカットを狙いに来る貪欲さ、金の亡者の恐ろしさと、 それを可能にする異常なレバレッジを掛けることが可能な現金融システム/取引の、真の恐ろしさを学びました

もちろんバブル崩壊(=価値の低下でお金が消えた)ということなので、損得で言えば損をした人が圧倒的に多いと思います。インフレリスクを優先させ、利下げに踏み切れなかったECBは、ハイレバ+空売りで大もうけの仕組みを作ったグリーンスパン元議長と同じく、、、 結局今回得した人間以外は、皆が間違っていたということでしょう。

モラルなど期待しては駄目なことはわかっています。ただ今回の一連の下落は...その本当の原因は、それの欠如のような気がしています。もちろん自身も同じです。

いくら小さくしても、レバレッジを効かせた時点で博打/マネーゲームにかわるような 今の相場 で生き残るためには、好む好まざるに関係なくそのルールに従うしかないのでしょうか? 「共助の精神」を掲げ結成されたW2Cの、今後を決める重要なテーマです。ご意見頂ければ幸いです。


2008.10.25

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
過去の通貨危機やイングランド銀行は大変な思いをされた方が大勢いることだと思います。にもかかわらず、ソロスは為替投機の世界では英雄に位置しているとおもいます。投機と関係ない人に対して原油高の時に投資家が悪いみたいな会話は成り立つでしょう。このブログはどのような方を対象にされているのですか?疑問がいっぱいです。
Posted by ざなざな at 2008年10月25日 15:35
理不尽な相場・・・。私もそう思います。3月18日に、96円でセットしていたドルがロスカットに会い、以来レバレッジを下げる事を念頭において運用するように注意してきました。

今回のランドについては、9円のロスカット設定から、どんどん追加資金を入れ金曜日の時点では6.90円に変更していたため、何とかとどまっていますが、投資額の7割が含み損になってしまいました。

レバレッジをかけて受け取る利息も理不尽と心を改め、レバレッジ『1』に極力近づけるよう、追加資金の投入を考えています。とても無理ですので出来るだけ近づけるように・・・。

そんな今心配なのは、ランド取引停止&強制ロスカット???という色々な方がブログに書かれている記事です。追加投資資金を入れて持ちこたえてそれで強制ロスカットなんてされてしまったら、そんな理不尽な事は無いと思います・・・。
Posted by PLUM at 2008年10月26日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック