為替マーケットの無秩序な動きを...

■経済・金融安定に悪影響?
・10/27 「為替市場に対する具体的な行動についてはコメントしない」中川財務・金融相
・10/27 日経平均株価、バブル後最安値(7603.76円)を割り込む


■経済・金融安定に対する最近のプラス材料
・10/2? 国際通貨基金(IMF)の新興国に対する金融支援策の発表
・10/27 韓国中銀、政策金利を75bp引き下げ4.25%に
・10/27 財務省・日銀の介入警戒感
・10/27 RBA(豪準備銀行)自国通貨支援の介入実施確認 → 今後も継続
・10/29 FOMC 利下げ(利下げ幅にも注目)


この無秩序な動きを止められるのは「日本」の動きしかないのでは。

これまで利下げにも協調せず、為替平衡操作もなし。
前回が2004年とかなり前で、人が入れ替わったからか、介入のやり方を忘れたのか...
利下げに関しても、0.1%でもかなり効くと思うのだが... なぜなのか???

2008.10.27 11:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. 補足


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック