金融パニックは一息ついた?

EUR/JPY 月足

EUR/JPY 週足

EUR/JPY 日足

各誌・著名人の今週レビュー要約を一覧にしました。

MF)
・歴史的ともいえるクロス円を中心とする大幅な急落から一転、巻き戻しの週となった
・ドル/円の戻しは9円(先週つけた最安値90.87円→99.70円)
・クロス円も、ユーロ/円:113.60円→131円、ポンド/円:139円→165円 という大幅な反発
・最初に戻しのきっかけとなったのは日銀の利下げ観測 → NYダウは889ドルと大幅な上昇に現れる → 連れてクロス円も大きく上昇し始める (良循環)
・翌日のFOMCでの0.5%利下げの発表 → ユーロやポンドなどがドルに対し上昇に転じ → クロス円全体に波及

YS)
・今回の大相場は、過去の法則が通じない、経験則を超えた異常事態 → 「最大相場」
・10月に入ってからの動きは記録づくめ。その中で通貨のバリュエーションの劇的な調整も進行中
・これまでの上がりすぎに対する調整にしては下がり過ぎ
・本来なら1−2年もかかるはずの異常状態の正常化や、異常から逆の異常へのシフトが、たった数ヶ月で起こっている

昨日の本邦利下げで、とりあえず各国の金融危機に対する安定化策は出そろった格好。
11月前半は、底打ち感から投機筋円買いの動きに逆回転が起こると思われます。
次の上値、チャートポイントでの動きを見極め、大きな三角保合に移行するのか、数ヶ月のトレンドを形成するのかを判断することが最重要と考えます。

※余談ですが、今回の自国通貨買い介入でオーストラリア(以前自国通貨売り米ドル買い介入を行っていた)政府は莫大な為替差益を手に入れた模様。

2008.11.01 13:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック