南アランド円(ZAR/JPY)テクニカル 20081110

下図は、南アフリカランド/円の日足(平均足)チャートに、一目均衡表他を加えたもの。



■一目均衡表
・金曜日は転換線がサポート
・本日上窓空きのスタート
・転換線と基準線が集束しつつあり、方向模索の状態。基準線の反転待ち。
・10/30、11/4、11/5と抑えられた抵抗帯、10.4 レベルを超えられると、上昇基調も本格化してくる可能性がある。
(個人的に見やすい為先行させた)遅行スパンの好転にも期待をもてる状況。
・11月後半には先行スパン1,2で囲まれた雲が厚くなっていく。それまでに上抜けることができるか。

■他
・MACD、MACDsig.共に上向き。
・MACD-MACDsig.、適度な幅をキープ
・MA200日線からの乖離率は依然大きいが、max.-40%からはとりあえず半減。
・足型比較として、青点線丸で囲った10/27を境にしての反転形状と、
・赤点線丸で囲った部分に共通性がみてとれ(戻りと押し目?)、それ以前の動きが今後の参考となる。

2008.11.10 12:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. 補足・その他 (コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック