クロス円は「二番底」を試す動きか



株価の乱高下、経済指標の悪化等により、金融市場は不安定な動きが継続中だが、あくまで「2番底」を試す動きとみている。
長期的に見れば、大統領選も無事?終了し、世界中の超大企業の業績悪化や破綻もこの数ヶ月ですでに織り込まれており、今後の出てくる指標は悪化した後のものを基準にすることからも、ここからのさらなる暴落はどうなのか。。。

図はEUR/JPY(ユーロ/円)の日足チャート。
・フィボナッチリトレースメント 169.91 - 113.62 でみると、
・38.2%:135.12 、 50%:141.76 、 61.8%:148.41 という計算結果となり、
・それぞれがこの3ヶ月の下落の中で、重要なチャートポイントと重なる。
・単純に高値を切り上げるのか、安値を再度更新していくのかに注目しているが、
・-20%前後の異常値?で横ばいのMA200乖離率をみても、
・投機筋のショートカバーや投資家心理、11/15まで待機中?の長期ロングポジ、年末の円ロングの調整があるとすれば、
・この下落が2番底である可能性が高いと思われる。

ただし9/30のような動き(2番底と見間違えたパターン)になった場合、手前安値を更新しさらなる暴落となる可能性は排除できない。

2008.11.12 13:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック