【南ア】10月消費者物価指数(CPIX)

南ア10月消費者物価指数(CPIX)は前年比+12.4%となり、市場予想の同+12.5%より弱い結果となったそうです。
2ヶ月連続で下落。インフレターゲットまではまだまだ遥か彼方ですが、とりあえずいい傾向なのではないでしょうか。政策金利との差も縮まってきました。(まだ逆転していますが)


消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

ZAR/JPY4時間足

2ヶ月分の値動きが見られるように4時間足を使いました。
9月、リーマンブラザーズ破綻をキッカケに始まった今回の金融危機ですが、10/24までの下落と今回のものは、直線(チャネルライン)で示したように傾きに大きな差がみられます。(その他クロス円も同様)
10.4あたりで2度止められ反転下落したレベルが、今回の9.8レベル。ここも先週止められ2度目で、この2つの水準を超えることができてはじめて、安心感からの大きな買い玉が入るのではないでしょうか。
パーフェクトオーダーの4時間足変形版では、近くロングサインの点灯も...

【過去記事】
 2008.11.07
 2008.10.10
 2008.09.24

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック