ドル/円、ユーロ/ドル テクニカル分析 20081209

下図は、ドル/円、ユーロ/ドルの日足チャートです。
平均足、MACD(12,26,9)、MA200乖離、一目均衡表



・USD/JPYの平均足は9日間連続の陰線。形状的には本日陽線転換も。
・一目均衡表雲は厚くまだ彼方上方。
・遅行スパンも弱気継続で当分転換なし。
・フィボナッチ38%戻しも98.5円とはるか上。
・逆に、三角保合を下方ブレイクした割には底堅くも見える。
・また、MACDは信頼性の高い形でのGC間近。
・以前の拮抗関係が失われたEUR/USDに関しては、
・一ヶ月以上続くレンジをどちらにブレイクするのかに注目。
・トレンドフォローの短期トレードがワークしそう。

2008.12.09 12:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック