豪ドル/円、NZドル/円 一目均衡表



商いは例年以上の閑散、膠着ですね。
ここまでの激しい動き、日々の大きなボラが嘘のように収縮してきてます。
チャートからは、底打ち→反転上昇のように見えますがいかがでしょうか。

あらためて今回の下落のすさまじさを見ると寒気がします。
思い起こすと狙い通り(笑)のAUD/JPY82円ロングは、1週間で800pの利益を含んだ喜びもつかの間、その後の大暴落(崩落?)に、完全に逃げ遅れてしまいました。
ちなみにその時NZD/JPYも67円台の重要なチャートポイント(2006年大底値)に差し掛かっていた為、完全に「反転」と思い込んでしまいました。(信用崩壊を招いたリーマン破綻とその後のポールソン発言がすべてでしたね。)

通常なら、最低でも38%戻し程度の反発があってもよさそうなものですが、投資家もそうとうちぢみあがっているのか、ここまでそれもなくきてしまいました。これだけの低空飛行を長期間、外貨預金にはもってこいのチャンスなのですが。。。
まあ年が変わって、何か明るい兆しでも出てこないと駄目なのかもしれませんね。
ただし、ロスカットだけではない、円ロングポジのカバーもあると思いますし、ここまで書いてきましたようにネガティブ材料は出尽くした感もありますので、年初2週目に期待しています。甘いですか??

一目均衡表ですが、
 ・共に遅行スパン好転、
 ・転換線>基準線
 ・AUD/JPYに関しては、雲の下限に到達しています。

2008.12.26 21:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック