【南ア】12月消費者物価指数(CPIX)

南ア12月消費者物価指数(CPIX)は前年比+10.3%上昇となり、市場予想の同+10.6%より弱い結果となったそうです。

これで4ヶ月連続下落。計算方法、世界的なデフレ傾向もあるとは思いますが、急激な金利引き上げ効果もやっと現れてきたようですね。
下図からも急激な下降が見て取れ、ピークアウトは確かかと。インフレターゲットまではまだまだ遥か彼方ですが、かなりいい傾向なのではないでしょうか。政策金利との差も再逆転しましたし。(来週また逆転するかもしれませんが)



消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053


2009.01.28 18:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック