移動平均線

米国のJ.E.グランビル氏が開発。過去ある一定期間の価格(終値)を線で結び、現在値と比較することで、その後のトレンド予測ができるというもの。相場が上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのかを読み取るのに適した、わかりやすい分析手法。

・流れを捉える。& 転換を見極める。
・MAの近傍、あるいはま逆の乖離をエントリーのサインとして用いる。
・長短MAを使い、ゴールデンクロス・デッドクロスをサインとして用いる。

様々な使い方ができる超メジャーなテクニカル指標です。
終値だけでなく、高値や安値のMAを使い、ストップのサインとして用いることもできるかと思います。

上記単純移動平均線(Simple Moving Average; SMA)とともに、加重のかかった指数平滑移動平均線(Exponentially Weighted Moving Average; EMA)もよく使われます。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
勉強になります。
ありがとうございます。
Posted by 黒船再来FX!ブログ at 2009年02月02日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック