AUD/JPY(豪ドル/円)日足チャートテクニカル分析 20090203

豪準備銀行(RBA)は先ほど、政策金利を1%引き下げ3.25%とすることを発表。この利下げとその幅は市場予想通りということらしい。



上図はオージー円日足チャート。
振り返ると、昨年の急落55.09からの反発が小さく、38.2%戻しに遠く及ばなかったことから、今のようなボックス相場となっているものと考えられなくもない。
昨日の下落で安値を割り込まなかったこと、金利下げ止まり感等から、このまま上昇となれば反転のサインとなる可能性も。

直近で一目均衡表雲のねじれは、2/7, 2/13, 2/18 と連続するが、
よく見るとこれは2008/9/10以来久しぶりのネジレ。
ファンダメンタルズを無視すれば、本日は長期展望の絶好のロングチャンスと考えます。(55.09下にストップを設定すれば、損益比はかなり高く設定でき、リスクも限定されますね)

(↑念のため、本ブログ管理者は上で掴っている為長期参入はできません。現在超短期ルール開発中。理屈的には合ってますので、あと一歩、また出来次第お知らせします。)

2009.02.03 13:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック