日本政府は通貨発行権があるから大丈夫!?

gooニュース・ビジネスカテゴリーに掲載された記事、1ドル70円台の日本経済が注目されているようですのでご紹介します。

長文ですので要約しますと、

・円高による日本経済への影響はマイナスではなくプラス
・歴史上通貨高が原因で経済破綻した国はない(逆ならいくらでもあるが...)
・日本は外需依存国(=輸出対GDP比率が高い)というのは正確ではなく、輸出依存度は15%程度。主要国の中でアメリカの次に低い。付け加えると、製造業が衰退したイギリスよりも低く、ドイツや中国、韓国など40%を超える国も存在する。
・1995年の1ドル80円を切ったときから比べれば、実質実効為替レートはまだ円安。
・日本の内需がダメというのは間違いで、個人消費はGDPの56%を占める。日本のGDPは98%以上が内需。GDPは世界2位なので、非常に大きな内需が存在する国である。
・さらに円高で購買力が高まることが期待され、輸入・消費で世界をリードでき得る規模。
・少子高齢化による人口減が騒がれているが、昨年のそれは高が5万人(▲0.04%)程度。上記理由で個人消費が1%伸びるならこれは誤差レベル。
・「40兆円景気対策」規模の議論で、財政破綻寸前と誤認されているようだが、日本政府の債務は95%以上が国内向けの国債。政府の金融資産だけで550兆円近くもあるよう国は他には無く、通貨発行権をもっていることからも財政破綻などありえない。

出所:gooニュース http://news.goo.ne.jp/article/php/business/php-20090219-09.html


個人的には「日本政府は通貨発行権があるから大丈夫」という部分だけには違和感を覚えました。
ある程度までは問題とならないそうですが、国債発行から政府資産を引いた額などとても・・・
やりすぎると後のインフレと貨幣価値の下落、最悪なのはある程度の金融資産を保有する国民ですから。デノミ対策が我々の裏テーマ。

2009.02.23 16:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
日本政府に通貨発行権など無いですよ?銀行制度を導入した国は全て国に発行権はありません、日本銀行は政府が中央銀子として認可した株式会社です、そこら辺の市銀と変わりません、違いは日銀法に縛られるだけ「無制限に信用創造可、株配当は雀の涙、利益は国庫に入る」市銀との違いはこれだけです、通貨発行権があるのは中銀と市銀です、政府には有りません政府は国債を発行し銀行の発行する数字を手に入れ国家運営に使います必要であれば国立印刷局で必要量紙幣として刷ります、銀行は紙幣を作りません作る権限もありません、市銀は預金準備率と言う制度を行使して負債として数字を発行します、利鞘で儲けている訳ではないのです

「貴方の財布に入っている紙幣も通帳の数字も全て銀行に対する借金です」国も企業も国民も銀行に対する債務者です。
Posted by 177651 at 2009年10月25日 09:37
負債=資産です、全て銀行が作り出したものです、負債100億=資産100億なのです、銀行が返済だけを求めて供給を止めローンを組むのを断ったら必ず恐慌が起きます、好景気は銀行群の過剰供給で起きます、その後貸し渋りを起こし供給を止め返済のみを求めれば恐慌が起き銀行は貸し手の担保を競売に掛けるのです、恐慌が起きて大衆はお金が無いのに競売を掛けても誰も買い手は付きません当初500億の値を付けていた優良物件も値が下がって行き私立銀行群の元締めが十分の一以上の底値で購入して行くのです、そして銀行は帳簿は焦げ付き膨大な負債を抱え政府に救済されるのです、茶番劇なのです、私立銀行の元締めはこの茶番を行い国家と国民に負債を肩代わりさせライバル企業や欲しい物件を手に入れるのです。
Posted by 177651 at 2009年10月25日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック