ドル/円(USD/JPY)チャート 20090225



・ドル/円の4時間足。
・図は12月〜2月を表示。灰色表示が12月、2月。
・昨日94.62ネックライン上抜け確認後の急上昇、今も継続中。(自爆介入?の効果まだ継続中か?(笑))
・少しだけ取れたが、ダラダラの上昇に残念ながらstBBサインは2回止まり。
・ペースが速いので、押し目買いを上回る利食い急降下(前回の急上昇急降下をイメージ)に注意。
・ここからの(stBB使用10分足の)ボリンジャーバンドスクイーズ(レベルと期間継続)に注目。次回は端から端まで。。。

2009.02.25 13:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング


【2月28日(土)『W2Cトレード研究会』事前説明】
誠に恐れ入りますが、下記ご了承、了解いただいた上でのご参加をお願いいたします。m(_ _)m

■パフォーマンス
・ 2008年7月−9月  サイン6.0回/日 420トレード(222勝136負62分 勝率62%) 利食平均18pips 損切平均-15pips 
・ 連敗回数6回 ドローダウン-72pips 検証期間3ヶ月全エントリーで100万円→290万円
・ 2008年10月  サイン7.2回/日 166トレード(68勝47負51分 勝率59%) 利食平均40pips 損切平均-26pips 
・ 連敗回数4回 ドローダウン-127pips 検証期間1ヶ月全エントリーで100万円→150万円

※上記は建て玉調整のためのリスク率を預託金の1%、エントリー時の損益比を1:1に設定した場合。
バックテストにおけるパフォーマンスも申し分なく、先々週からの実トレードにおいても同等以上の成績です。
ルール内容は簡単で、慣れるまでスカイプ等でバックアップ可能です。


■今回は私が開発主体ですので、クラブの主旨もあり、バックアップも含め無償提供とさせていただきますので、ご使用にあたりいくつかお約束頂きたいことがございます。
・ W2C運営活動への積極的な協力
・ 秘密保持、漏洩防止
・ 投資は自己責任の大原則

※参照ファイル:W2Cトレードルール使用に関する確認事項20090210.pdf


■ブログやメールでもご報告しましたが、これだけ良質な取引環境が存在する間に、短期のトレードで資産を増やしておくことが重要と考えを改めました。

一説によると今年、「レバレッジ規制」や「100%信託保全完備」等のルールが適用され、これまでの熾烈なFX業者取引条件競争により実現した、(インターバンクディーラーよりいい?世界一の水準にまで達した)個人投資家へのレート提示も、年度末には維持できているかどうか怪しいからです。


設定ファイルやバックテストシート、適用ルール説明書に関しては、研究会、セミナー出席の後お渡しいたします。
PCをご持参いただけましたら、その場でお渡しいたします。では土曜日お目にかかれますこと楽しみにしております。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック