先週レビュー & 今週指標 20090308

■先週一週間

・NYダウ12年ぶりに7000ドルを割り込む。 世界的な株価の下落が加速した週。
・週初AIGが米政府から300億ドルの追加融資(4回目)を受けるとの報道から。

・火曜日:RBA(豪州中銀)が金利据え置きを発表。0.25%利下げを織り込んでいたマーケット参加者にとってサプライズ。これにより豪ドル上昇。
・BOC(カナダ中銀)は予想通り0.5%利下げを行った。織り込み済みもあり影響なし。

・木曜日:BOEとECBが予想通りそれぞれ0.5%の利下げを発表。
キングBOE総裁は更に量的緩和を行うことを発表。逆にトリシェECB総裁は今後も追加利下げの可能性を示唆。これによりユーロが下落する場面も。

・金曜日:米雇用統計の発表を控え、ドル弱含み。も、発表後は悪結果にもかかわらずドル円急回復。96.6円まで落ち込んだレートも98.4円まで回復して終了。


■今週の重要事項

・米国夏時間(サマータイム)開始

・3/9(月)日本貿易収支の発表有り。前月-1979億円が、今回-8116億円の大きな落ち込みを予想されており、発表のタイミング前後にクロス円のトレードチャンスありそう。

・3/11(水)日本1月機械受注も大きな落ち込み予想。予想通りの発表となれば、貿易収支結果と併せてクロス円長期トレンドの転換もありうる。

・3/12(木)NZ金利 3.50%→2.75% 予想。日本実質GDP・二次速報。米国小売売上高。

・3/13(金)米1月貿易収支、3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値。

2009.03.08 11:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

『システムトレードの考え方』

確率と統計学の基本
相場の心理力学の基本 ルールの解説
(ペンタゴンオリジナルの「wst5」ルールを使用します。)
これらを用いて、感情を排除し、機械的なトレードができるようになることを目指します。
※W2C会員で「ワンデーシストレVer.5.3」の配信を希望される方は受講必須です。
http://pentagon-wst5.seesaa.net/category/5897336-1.html

■ 日時:
全1回 2時間
3月21日(土)
午後9:00〜午後11:00

■ 受講費:
2,100円

セミナー申込みフォーム
http://pentagon.trgy.co.jp/seminar/appform/



『FXゼミ(基本講座)』4月開講分

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の基本を、よく用いられる経済指標とテクニカル指標の理解を深めることにより習得していきます。

■ 日時:
全3回 9時間
1) 4月 4日(土)午後9:00 〜 午前0:00
2) 4月11日(土)午後9:00 〜 午前0:00
3) 4月18日(土)午後9:00 〜 午前0:00

■ 受講費:
31,500円
リピート受講は無料(何回でも受講できます)

セミナー申込みフォーム
http://pentagon.trgy.co.jp/seminar/appform/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック