ストキャスティクス

RSIと共に、オシレータ系の代表的なテクニカル指標として、ストキャスティクス(Stochastics)があります。日本語では推測統計学という意味となります。

この指標は、「%K」「%D」「%SD」という3つの指数から構成されています。

基本となる指数は「%K」。これは、ある一定期間において、下のように計算されます。
(「現在値−期間内安値」÷「期間内高値−期間内安値」)×100



一定期間に動いた値幅の範囲(最高値−最安値)を100とした場合に、現在のレート(その時点での最新の終値を用いるのが一般的)が、その何%のところに位置しているのかを示す数値です。


「%D」という指数は、ある一定期間(%Kで用いた一定期間とは異なるように設定するのが一般的)を決めて、下のように計算します。
(「『現在値−安値』の期間分合計」÷「『高値−安値』の期間分合計」)×100
これは、その期間分の%Kを均した数値ともいえます。


もう一つの指数「%SD」は、ある期間の%Dの平均を取ったものです。対象期間が6本なら、
「6本分の%D」÷6
で求めます。


ストキャスティクスは、この3つの指数を単独、あるいは組み合わせて使う指標です。組み合わせ方、使い方はいろいろ考えられますが、一般的によく使われるのは、

・%Kと%Dを組み合わせた「Fastストキャスティクス」
・Dと%SDを組み合わせた「Slowストキャスティクス」

です。



詳しくは、ストキャスティクス(Stochastics).pdf をダウンロードしてください。(メンバー用資料となります。 パスワードをお忘れの方は、お気軽にメールにてお尋ねください。) 本レポートにより、ストキャスティクス についての理解が深まれば幸いです。

その他メンバー用勉強資料は、こちらからダウンロードしてお使いください。


ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。