時間足チャート 週ゾーン報告 20090511

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FT)※はチャート上に記載の通りです。
フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法です。 当日BPとフィボナッチゾーンを用いたトレード実践結果は、s.t.f.-PENTAGON wst5 ブログで公開しております。

USD/JPY

先週は週BPをサポートとした小動き。したがって今週のゾーンは上図に示すように、まれに見る狭さで、ゾーン内に収まることは考えにくい。先週までは、サポート戦略との併用できたが、今週はバイアスをかけず、最近のFTその他ペア動きからも、素直にブレイクに追随で。

EUR/USD  EUR/JPY

AUD/JPY  GBP/JPY

【参考文献】
 フィボナッチ・ゾーン分析.pdf
 ピボットフィボナッチZone 解説書


【先週までのファンダ、他要因まとめ】
・クライスラー破綻 → 目先の悪材料 出尽く感漂う
・各国雇用統計数値の改善傾向 → リスク選好の動き復活
・話題のストレステストは、資本不足に陥る「可能性あり」という結果であり「目先の破綻リスク」を謳ったものではないという安心感も台頭


2009.05.11 12:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。