MACD

FXトレーダーに絶大なる人気を誇るテクニカル指標、MACD( マックディー) について...

MACDは、「Moving Average Convergence Divergence」の略。

MACDとMACD-sig.(シグナル)の関係から、売買サインを判断します。またその傾きはトレンド示し、そのまま上昇トレンドであればMACDは上昇、下降トレンドの場合はMACDの値も下落します。

MACDは、指数平滑移動平均(EMA:直近にウェイトをかけ、データが古い程そのウェイトを落として平均値を見るもの)を元に、短期のEMAと長期のEMAの差から計算されます。
 MACD=短期EMA −長期EMA
 MACD-sig.=MACDの移動平均
 短期EMA:12日間、長期EMA:26日間、シグナル:9日間を用いることが多い

MACDの弱点としては、サインのタイミングが遅いこと。
よって、
 ・比較的長い期間を見るスイングトレードや、
 ・ポジショントレード
に有効な指標となります。

詳しくは、MACD(マックディー).pdf  をダウンロードしてください。(非公開のメンバー用資料となります。 パスワードをお忘れの方は、お気軽にメールにてお尋ねください。) 本レポートにより、MACD についての理解が深まれば幸いです。

その他メンバー用勉強資料、こちらからダウンロードしてお使いください。

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

■ 参加資格:
W2C会員限定

■ 日時:
6月27日(土)
19:00〜21:00(予定)

■ 場所:
大阪市内
詳細は、決まり次第連絡します。

■ 内容:
投資に限らず様々な事に関し、食事をしながら意見交換を行います。

■ 参加費:
3000円程度

■ 申込期日:
6月22日(月)

■ 申し込み方法:
お問い合わせフォームより申し込みください。
http://w2c.trgy.co.jp/inquiry/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。