FX 為替取引における特異な性格を利用した戦略的トレード手法

昨今優良業者においても売買コストが極めて小さくなったこともあり、本年2月から久しぶりに超短期的なトレードにも挑んでまいりました。
stBBを中心に、裁量取り混ぜてこれまで500回ものトレードを行ってきましたが、その中で改めてわかったことは、相場値動きの複雑さと相場心理力学の難解さでした。




このような状況を、W2Cメンバーであり、これまでシストレ検証をご担当頂いておりましたK氏に相談しましたところ、氏が成果をあげ続けている戦略的トレード手法を公開していただけることになりました。

これは過去数年分の1分足データから導かれた統計学的なアプローチにより、現存する売買ルールとは視点の異なる全く新しい出発点からつくられたもので、

一例としては、「典型的な任意のレート(例えば24時間高値の更新後)から○○pips動いたら、そのままその方向に△△pips動く確率がXX%以上ある」 というような、その高確率部分のみエントリーするというものです。


ハイパフォーマンスでありながら、ワンデーシストレと同様に、トレーダーによるPLバラツキが小さく、またオペレーションはシンプルです。 (※ ↓ システムトレードキャラクター比較表参照)




未来に対して合うのか?という議論は尽きませんが、膨大なデータ量に裏付けられた値は、例えば今年のデータを追加・更新したところで破綻するというような性質のものでもありません。


損切りがとにかく嫌で、サインによるトレードのように、適正な負けも含めたやり方を好まないという方には、もしかするとこれまで探し求めてきたトレード手法に近いものなのかもしれません。


曰く、「ご紹介するトレードルールは、勝つためのルールではなく、負けないためのルールがベースにあります。その上に、優位性の高いテクニカル手法を載せることでリミットに当たりやすくしています。
平均的に見て利益の少ないルールですが、殆ど負けることもありません。 時間をたっぷりと使いトレンドを味方につけますので、FXを楽しめるようになります。」 とのことです。





無策で挑んでも結果は見えていると思います。
自身で売買ルールを作り上げていくことももちろん大切なことですが、膨大なエネルギーを消費するだけでなく、もし完成に至ったとしても、単独のルールで挑むには、為替相場はリスクが大きすぎます。
また、こういったアプローチのものをつくるのは、なかなか一般の人には敷居が高いのも事実です。


今回遠方よりお越し頂く関係上、講義形式のセミナー開催は次回いつになるかわかりません。
是非この機会に、万障繰り合わせてご参集下さい。
どうしても都合のつかない方は、後ほど公開予定のPENTAGONセミナーDVD(または会員限定のサイト)にてご覧下さい。



■ 場所/日時
・エルおおさか
・8月9日(日)
・18:15〜 2時間
スティッカムでのオンライン受講も可能  (※ 当日受講の方には、後日DVD(または会員限定のサイト)無償配布/公開いたします。)



■ 参加/費用
・W2Cメンバー限定
・費用:1万円
 (※ 協賛金とお考え下さい。安価提供の見返りとして、本トレード手法における自身トレード記録をW2C関連webサイト等へ公開してください。もちろん宣伝のためです。)
・エントリーは http://w2c.trgy.co.jp/inquiry/ トレード研究会の申込み よりお願いします...



2009.07.16 15:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト
この記事へのコメント
こんにちは、ブログに初めて訪問させていただきます。

素敵なブログですね^^

お気に入り登録しましたので、
また後日改めて訪問させていただきます。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by fx情報商材 口コミ at 2009年08月10日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。