為替心理説

フランスの経済学者アフタリオンが唱えた説。

為替相場は購買力平価や国際収支の動向では説明できず、本質的には市場参加者の心理(期待や不安)によって変動するとの説です。
チャート分析は、基本的にはこの心理説によってなりたつもので、刻々変化してゆく市場参加者の心理を具体化しようとする一つの試みといえます。

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。