アセットアプローチ説

第二次オイルショック以降、産油国が大幅な原油値上げによって手にした巨額のオイル・マネーを使って海外市場で債権・株式に投資してきたために、急激な為替相場の変動が起こり始めたことから生まれた手法です。

人々が持つ金融資産の外貨建て比率や保有高が、通貨の需給関係に影響を及ぼし、それによって為替相場は決定されるというものです。

経常収支の黒字・赤字という資金の動きの現象ではなく、資産としてのストックを重視していることが、従来の理論とは異なる点です。当時OPEC諸国の累積余剰資金は3000億ドル以上にも達していたので、その影響は大きなものでした。


ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。