利大損小でないと相場では生き残れないのか?

相場で実績を上げてきたプロと呼ばれるトレーダーは一様に、
 「相場で永く生き残る為には、損失は早めに確定し、利益を最大限引っ張る」
 「初心者は 利小損大 になりがちなので、メンタル/テクニカル面含めそうならないよう訓練すべきだ」
といったアドバイスをする。

つまり、利大損小でないと相場で勝ち組には入れない、と言いたいのだ...


もちろん正論であり、正しいアドバイスではある。
が、「これでないと勝てない」というのはそうとも言えないのではないか。



この損失を早めに確定というのは、比較的容易にできるようになるのだが、
利益を引っ張ることが難しいのである。

例えば 20pipsx9回連続で負けたあと、、、 利益ののったポジションを +200pips まで引っ張れる人がどれほどいるのか。
連敗後にこれができるのは、余程マイルールに自信を持っているか、あるいは感情のない機械(シストレ)のみではないのか。



現在のインフラ&トレード環境であれば、小さな利益を狙い、トレード回数は減るがフィルターを追加することにより現在よりも勝率を高めることができるであろう。
それにより、利益も損失も小さく積んでいく戦略もワークするのではないかと考える。


【過去記事】
  レポート一覧

2010.06.30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック