【米国】雇用統計 過去データ&失業率グラフ(1998年〜2011年3月)



ドルは買い優勢。米労働省が1日発表した3月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比21万6000人増と市場予想平均の前月比19万人増より強かった。また、失業率は8.8%と市場予想平均の8.9%より強かった。米雇用市場の改善が示唆されたとして、ドル円は83.89−92円から2010年12月16日以来の高値となる84.30円まで値を伸ばした。また、ユーロドルは1.4139−42ドルから1.41119ドルの安値まで下押しした。
出所:上田ハーローFX

2011.04.01

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック