標準的な売買ルール1『maDX』


FXトレーダーの間ではもうすでに標準的な手法といっても過言ではないトレード手法、天底を掴むことが極めて少ない売買ルールをご紹介します。


用いるテクニカル指標は、一般的によく知られた信頼性の高いものを、フィルターとして2種類、エントリーに2種類用います。この組み合わせにより、その特性が十分に発揮できるよう設計されています。ストップは条件の破綻や、直近チャートポイントを用います。


エントリー条件を厳選しますので、その他のものに比べエントリー回数は減りますが、損益比一定の条件下では、高い勝率を体感することが出来ます。
複数の通貨ペアを同時に監視できるようになれば、比較的容易にチャンスを見つけることが出来ます。


上記を標準的な売買ルール『maDX』として、MT4(メタトレーダー4)設定済みのzipファイルに格納しました。 ⇒ Interbank FX MT4 (maDX).zip

お役立てください。


補足1 圧縮ファイルは必要なインジケーターを実装したMT4チャートソフトです。パフォーマンスのばらつき低減には、多少のチューニング、慣れを必要とします。

補足2 ファイルのご利用にはW2C会員登録が必要です。ノンメンバーの方は、「ウインスクエアクラブ - 入会案内」 をご覧の上お申込み下さい。

補足3 本ファイルにつきましては、汎用パスワードでは解凍することができません。お気軽に事務局までお問い合わせ下さい。



2013.10.08

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
タグ:MACD ADX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック