売買シグナル 一般論

 思惑で取引してはならない。相場は初心者の根拠なきエントリーを完膚なきまでに叩きのめす。(ジョージ・ソロス)


相場は定刻に発表となる経済指標だけではなく、突発の要人発言、重要なチャートポイントやフォーメーション等のテクニカル要因でも大きく動きます。
さらには地政学的リスクに伴う変動もあり、ポジションを持ったプロディーラー達は片時もチャートから目を離すことは出来ません。


 相場で勝ち残れる売買シグナルは、こういった変動要因を利用し行われるものでなければなりません。


取引時間帯が定められ、同時刻に機械的にエントリーするようなものが、長期に渡ってワークするのをこれまで見たことがありません。
配信回数の少ないものは、その成績が偶然なのか、あるいは勝つためのエッヂが存在するのか、その見極めすら難しく、そのバラつきの大きな成績を信用することができません。


邦銀時代より20年以上年間収支でのマイナスなし
元インターバンクディーラー(現役投資運用業為替担当者)が
すべてのFXトレーダーに贈る売買シグナル配信
”W2C-Signal RT” http://w2c-signalrt.com/
シグナル配信の歴史が変わります




プロディーラーのポジションメイクに追従することは、これから成功を目指す方々にとって最高の学習環境であり、また実績のある投資家にとっても、今の取引環境にマッチした手法を手に入れるいい機会となることでしょう。



【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html


2013.11.12

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック