新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜

■ 配信タイムラグがある...

配信者のトレード情報が届くまでにタイムラグ(=実際にシグナル配信してからメールに通知が届くまでの時間差)があります。
受信者は、届いてからエントリー(+イグジット)の入力にも時間を要しますので、数pipsのズレは覚悟しなければなりません。
仮に月50トレードの配信で、1トレード平均5pipsのズレが発生したら、元成績に対してすでに250pips/月のマイナスとなってしまいます。
年間3000pipsはもうレバ1でも30%の運用損に匹敵しますね。
配信元の成績が余程好成績でなければ、もうこの時点で負けです。
エントリーが有利な方向にズレた時に入ればいいという考え方もありますが、
比較的勝率の高いブレイク追従の順張りには対応できません。

 ⇓ 

これまでは、E-Mailでの配信が主流でしたので、当然でしょう。
W2C-Signal RT は現状インフラで最もタイムラグの少ないプッシュ通知を用いますので、
上記は大きく改善されております。





■ トレード技術が向上しない...

そのシグナル配信に頼り過ぎてしまうと、自分で為替相場の分析、過去検証をしなくなり、完全にトレードを第三者に任せてしまうという方法になってしまいます。
これでは投資信託に預けるのと、さほど変わりません。
また販売ページには、プロのトレードが参考になるためトレード技術が向上するような記述があるかと思いますが、売買ルールもわからないのに、それが身につくことは、ほとんど期待できないでしょう。

 ⇓ 

定時配信のシグナルでは、確かにその通りでしょう。
例えば朝イチに入力して、後は運を天と配信者に任せて祈るだけなのですから。
しかし、W2C-Signal RTは全く違います。
初心者にとっては、これ以上にトレードスキルが劇的に向上する方法はないとさえ言えると思います。
相場の動きに合わせて、リアルタイムに配信され続ける売買の指示に従うことは、プロディーラーのマンツーマントレーニングを四六時中受け続けることに等しいわけですから…





■ 配信者自身の実力はホンモノなのか、過去の実績は信用できるのか...

セールスページに嘘があるかもしれません。
また、その内容の真偽を確かめることは、かなり困難なことです。
残念ながら過去ほとんどのシグナル配信セールスページで、ソコにあるようなハイパフォーマンスが販売後も長期に渡って続いた 試しはありません。
もしかしたら配信者の過去成績は本当に優秀であったのかもしれませんが、
販売後の様々なプレッシャーとストレスで潰されたのかもしれません。想像の域を超えませんが…

 ⇓ 

こればかりは、過去実績を信用してもらうことと、公開後のフォワード成績を納得するまで見て判断してもらうしかありません。
ただし、数日でもW2C-Signal RTのディールを受け取れば、ソレがホンモノなのかどうなのか、またその過去成績と将来に関しての不安など、一瞬で払拭されることでしょう。





■ 受信費用がかかる...しかも高い?

利益が出ても出なくても受信費用がかかります。
トレーダーは、FX業者にもスプレッド(手数料)を支払っていますので、これらを上回る運用益を出す必要があります。

 ⇓ 

W2C-Signal RTの受信費用は固定で、2万円+消費税です。
取引ボリュームで変わるものではありませんので、当たり前のことですが、
1万通貨で200pips、2万円の利益も、10万通貨になれば20万円となり、2万円の配信料(コスト)は10%となり、ソレ以上のボリュームであれば、十分に無視できるレベルに下がると考えます。



【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 各種バナー ダウンロード <InfoTop用>」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381569435.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html

2014.01.14

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック