グランビル(Joseph E. Granville)の法則とその使える度


グランビルの法則というのは為替レートと移動平均線を使って、売買タイミングとなるシグナルを見つける方法。

■ 4つの法則(買いはこの逆で計8つ)

1)移動平均線が下向き、価格が移動平均線を下抜けしたら売り
2)下降している移動平均線を一旦上回ったものの、再び移動平均線を下回ってきたら売り
3)下降している移動平均線に価格が近づいてくるも、上回ることなく下降し始めたら売り
4)上昇トレンド中に値が移動平均線から大きく乖離し上昇しすぎたところを売り



 → 使用のインジケータはコチラ

■ 使える度

1)✕  ダマシ多
2)◎  が、残念ながらほとんどお目にかかれない
3)△  ワークするかはMAの角度、ピリオドに大きく依存する
4)◯  要は乖離の度合い


セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



2014.04.05

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック