FOMC声明発表





米連邦準備理事会(FRB)は16−17日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に据え置くことを決めたと発表。

声明では、
「委員会は金融政策の方針の正常化を始めるにおいて辛抱強くなり得ると判断」
「今回のガイダンスは『資産購入プログラムを終了した後も相当な期間FF金利を現在の目標範囲に維持することが適切である可能性が高い』という前回の声明と矛盾していない」
「労働市場の状況は健全な雇用の増加や失業率の低下とともにさらに改善されている」
「広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が減少し続けていることを示唆している」
などと伝わった。
出所:GI24


今週は月曜からここまで、とにかくボラティリティが大きく、方向感も欠如しているが、
弊社EAには概ねイイ相場であった。
 → W2C-Matthew公式Demo
 → W2C-Dixie公式Demo


YouTube W2C-FXチャンネル
こちらもどうぞ → https://www.youtube.com/channel/UCLnJIUU-0X0xPWa8ffqvD5Q

2014.12.18

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック