FXトレードフィナンシャル x 新規口座開設タイアップキャンペーン(W2C-Dickieプレゼント)



■ W2C-Dickie(ディッキー)のセールスポイント

 低スプレッド(=低コスト)のドル円単一通貨ペアを用いているので、フェアな取引が期待できるとともに、取引と資金の管理が容易である
 エントリー/イグジットが一対の売買ロジックで、トレード回数は月40回前後を誇り、成績の安定化を図っている
 狭いレンジ相場が苦手で、逆に大相場を得意とする
 勝率は45%前後だが、損切りを早く、利食いを大きく狙うロジックを採用している
 2005年〜2015年(11年間)のバックテスト結果はこちら ⇒ http://goo.gl/zfZj4o
 10,000ドルの口座に対して、レバレッジ0.1倍の 1,000ドル稼働で、約2,400ドルの利益を積み上げる
 これは、単利で年平均2.2%となる
 同期間の最大ドローダウンは、約400ドル(3.2%)と極めて小さい
 これら成績は、例えば、レバレッジ1倍で稼働させるた場合、純益、最大ドローダウンともに 10倍 となる計算である
 バックテストとフォワード成績に大きな差が出ないよう設計している(⇒ リアル運用のための最も重要な性能)
 前記と同様に、コントロールポイント(http://goo.gl/e4QQ8Z)と、全ティック(http://goo.gl/T68p48)の、 テスト方法による結果の差もほとんど見られない(⇒ 2016年度の成績は横ばい)



詳細は ⇒ http://www.trgy.co.jp/service/tieupcamp/fxtftieup/

2016.11.19

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック