第二種金融商品取引業とは?

■■■
「みなし有価証券」の売買その他取引等を「業として」行うことが「第二種金融商品取引業」となります。

みなし有価証券とは、国債証券、社債券、株券以外の有価証券の体裁をとっていない何らかの権利。流動性が低いもの。




■■■
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kinyushohin.pdf
登録の金商業者で、第二種のみ登録の会社は極めて少ない。。。

具体例)
http://chiiki-kassei-fund.net/company.html
不動産ファンドの自己募集、売買
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2010/2010/20100120.htm
サルベージファンドの自己募集、売買
http://www.eijipress.co.jp/bookfund/
ブックファンドの自己募集、売買




■■■
出来ること3つ
@ 「有価証券」の自己募集・私募
A 「みなし有価証券」の売買その他の取引
B 有価証券に関連しない市場デリバティブ取引

@ 
「みなし有価証券」とされた匿名組合出資持分などの集団投資スキーム持分は、商品の組成と販売が一体であり、購入した資金が更に投資目的で使用されるため、
その勧誘行為を行うには、事前に「第二種金融商品取引業」を行う金融商品取引業者として登録を受ける必要がある。

A
「不動産信託受益権の売買、売買の媒介・代理、私募の取扱い」
「匿名組合出資持分等の売買、売買の媒介・代理、私募の取扱い」
といった取引・行為を行うには、事前に「第二種金融商品取引業」を行う金融商品取引業者として登録を受ける必要がある。
第二種金融商品取引業の登録を必要とする最も多い理由。

B
取引所における通貨に関する市場デリバティブ取引(取引所為替証拠金取引の「取引所FXくりっく365」など)の自己取引やその媒介行為がこれにあたります。




■■■
追加情報
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
http://www.t2fifa.or.jp/meibo/index.html


2017.05.13

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449843214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック