海外FX(金商無登録)業者を使うことのデメリット



選ぶFX業者は、国内金商登録業者を強くおすすめします。

含みをもたせた言い方になってしまいますが、
その理由は、無登録業者がなぜ金融庁に登録できないのかを考えていただいたら想像がつくと思います。

まず出金トラブルに巻き込まれたという話には枚挙に暇がありません。

加えて税金も、未だに雑所得総合課税の対象で、極めて高額
ちなみに金商登録業者は申告分離課税、所得額にかかわらず、税率は一律約20%です。
毎年プラスを出し続けることは誰にもできないので、損益通算ができることも大きなメリットですね。
逆に無登録のFX業者では損益通算はできません。

また、もともとワイドに設定されたスプレッドに IB※) 報酬を加算(マークアップといいます)します。
これにより利益を上げること自体の難易度が上がってしまっています。
スプレッドとは、取引ごとに掛かる手数料みたいなものですから、前記マークアップは本当に痛いです。


こういった潜在リスクと期待するリターンの乖離が大きいため、事が起こると海外業者ということも相まって取り返しが付きません。

勝つことを想定し、尚且しっかりと納税義務を果たしているのであれば、海外の無登録業者で取引するメリットは何ひとつありませんね。


※) IBとはIntroducing Brokerの略で、海外FX会社への集客により報酬を得るアフィリエイト。しかしこれは単なるアフィリエイトとは異なり、「国内無登録の海外FX業者が日本居住者に対して勧誘を行う」ことが違法行為であるため、そのIBも勧誘方法によっては「金融商品取引法違反」に該当する可能性があるビジネスモデル。


【関連ページ】
 ・ 無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください
 ・ 無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について




featc.png


2020.08.17

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

=====
FX投資に関する電話、メール相談はこちら(無料)
 ⇒ https://angc.trgy.co.jp/
投資は初めてという方から上級者まで。
売買手法、リスク管理、資産運用、ポートフォリオ構築、詐欺被害トラブル相談、プラットフォーム設定、自動売買、インジ等お気軽に。
運営は投資助言・代理業登録業者、株式会社トリロジー(財務省近畿財務局長(金商)第372号/一般社団法人日本投資顧問業協会会員)です。
=====
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。