【南ア】経済状況(3)

南アフリカの問題点としてあげられるのが、まず、経常収支の赤字の問題である。国内の景気の拡大に伴い黒人層を中心とした個人消費の伸びが急ピッチで高まっている。旺盛な個人消費により経常赤字を急拡大させている。外貨準備高の積み増しにより有事に対する対応能力が高まっており、また、新興国が国内の貯蓄以上に支出を行い経済発展することは何ら違和感はないが、このままのペースで赤字が拡大することは懸念に値する。






また経済が好調なものの、一方で、失業は依然として大きな社会問題となっている。1997年の21%以降、20%を越える高い水準で推移しており(2006年は25.5%)、人種間の格差が大きいのが特徴である。過去のアパルトヘイトの時代、黒人層に対する教育が低い水準だったことが大きな原因とも言われている。失業者層に教育を施し、経済成長に必要な労働力に変えていくことも必要であると考えられる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック