流動性リスク

取引は、「買いたい人と売りたい人」この両方が存在することによって成り立ちます。


もし、市場の参加者が売りたい人ばかりであると買いたい人が存在しないことになるので、取引が成立しません。

これが 流動性リスク です。


つまり、「売ったり買ったりがすぐ出来るのか」という事を指します。


そうは言っても、株などと違って、為替相場は世界最大の市場であり、当然参加者も多く、流動性も非常に高いので、そのリスクは極めて小さいと言われています。


ただし、流動性が低いマイナー通貨は、メジャー通貨(米ドル、ユーロ、ポンド、円他)に比して多少リスクが高いといえます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック