【英国】英ポンド

先進国の中で経済状態は他国に比べると安定しています。イギリスはヨーロッパの経済大国ですが、ユーロには加盟していません。

米ドルが世界的な決済通貨として使われるようになる前は、大英帝国の経済力を背景に、英ポンドが国際的な決済通貨として使われていた過去があります。


工業と農業が発展しており、農業では食糧の60%を自給しています。工業も発展していますが鉱物資源が乏しい面があり、典型的な加工貿易国です。

第二次世界大戦以降1970年代までは経済の衰退が激しかったが、1980年代後半に入り外国からの投資が拡大し、それを元に積極的に自国産業の活性化・雇用の増大へ繋げてその後の経済回復のきっかけにしていきました。

経済指標としてはGDP、完全失業率、貿易収支、製造業生産高、消費者物価指数、小売物価指数などがあります。

高金利通貨ではありますが、値動きが激しい通貨で短期的な動きが多く見られ、FXに慣れてきた方の短期投資向けと言えます。

通貨のアルファベット表示はGBPです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック