眠らないマーケット、外国為替市場

外国為替取引とは、「異なる通貨の売買を行う取引」の事を指します。
そして、その壮大な取引の舞台となるのが外国為替市場です。

この外国為替市場の大きな特徴として、基本的に24時間眠ることなく動いているという事が挙げられます。



ただし、土曜日と日曜日はお休みです。また、クリスマスや年末年始の休日に関しても外国為替市場はお休みとなります。


逆に言い換えれば、それ以外はいつでも

 OPEN! & WELCOME!!


日中は仕事で忙しい人が夜遅く帰ってきたとしても・・・
基本的に平日ならば、いつでもトレードを楽しむ事ができるのです。


この外国為替市場には、もう1つ大きな特徴があります。

それは、


外国為替市場は、あくまでも「概念上の市場」であり、通貨を取引する各国の金融機関が通信網(電話・オンライン)駆使し取引を行うバーチャルな市場であり、株式のような取引所が存在するわけではない ということです。





外国為替市場の1日は、日本時間の午前5時にウェリントン(ニュージーランド)に始まり、シドニー・東京・香港・シンガポール・ムンバイ・フランクフルト・ロンドンと次々に市場がOPENし、ニューヨーク市場がクローズする日本時間の翌日午前7時(夏場は午前6時)に終了します。





このニューヨーク市場が終了する日本時間の翌日午前7時(夏場は午前6時)には、もう既にウェリントン市場がOPENしているので、市場が24時間途切れることなく続いていくのです。



また、外国為替市場は世界の主要都市に存在していますが、その中でも特に参加者・取引量、流動性が高いということから、東京・ロンドン・ニューヨークこの3つの市場を「世界3大市場」と呼びます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック