敗戦処理 〜今後の展望 @〜

木曜日に続けて8/17金曜日も徹夜を覚悟していましたが、
8/17 21:15発表の「FRB(米連邦準備制度理事会)公定歩合引き下げ」のニュースと前回分析のチャート形状からの114.85を確認してとりあえず一安心ということで寝ました。Zzz


本日は取り急ぎ、今後のUSD/JPYについてフィボナッチ分析による値をお知らせします。(このあたりがとりあえずの反転ポイントになり易いという値です。)






124.15 (100%)
121.46 (78.6%)
119.35 (61.8%)
117.87 (50.0%)
116.39 (38.2%)
111.60 (0%)


過去の事例より分析すると、今後2〜3ヶ月は三角保合を形成する可能性が高いと思われます。


次回会合でお伝えしますが、そうなった場合はストキャスティクス等のオシレーター系テクニカル指標を用いてスイングトレードがワークします。



旬の為替情報
明日のドル円、ユーロ円情報はここから...

トレードレベルUP!
トレーダーとしてのスキルアップに!

相場師番付け発表
今一番稼いでいる人気の相場師はだれ?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック