長期的には円安方向との見解に変わりありません

相場は急な回復を見せております。

前々から申しております通り円と他国通貨には絶対的な金利差があり、長期的には円安の流れになりやすいという見解は変わりません。

しかし米国のサブプライム問題等による信用不安は依然解消していないにもかかわらず、これほど急な円安調整は、また急な円高調整があるかも…と思わざるをえません。

ちなみにユーロは今回の急落にたいする半値戻しを達成しております。
と言いつつジリジリ上げていく事もあるかと思いますが…


逆に円高調整が入りそれがサポートラインで守られた場合絶好のチャンスがおとずれます。よく相場を観察してみましょう!
レバレッジの管理にご注意ください。

2007.08.27 17:30



旬の為替情報
明日のドル円、ユーロ円情報はここから...

トレードレベルUP!
トレーダーとしてのスキルアップに!

相場師番付け発表
今一番稼いでいる人気の相場師はだれ?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック