【南ア】為替市場から見たエマージング諸国

エマージング諸国の通貨は、購買力平価※の観点からみると、先進国対比、円通貨に対して割安な水準にあるといえます。

 出所:IMF、Bloomberg

今後、エマージング諸国の通貨は、経済の成長に伴い、中長期的に先進国の通貨に対して総じて上昇することが期待されます。


※購買力平価とは...
二国間で一物一価の原則が成り立つと仮定した場合、二国間の為替レートは、二国間の購買力の比率によって決定されるという考え方をいいます。簡単な具体例として、ハンバーガーの価格が日本で110円、アメリカで$1の場合に、購買力平価で見た為替レートは$1=110円となります。



その他為替投資情報は、  こちら  から...
またFXスキルアップには、  こちら  もどうぞ!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック