【南ア】R&Iカントリーリスク調査評点を大きく上げた南アフリカ

−2007年秋号速報−
R&Iカントリーリスク調査
〜大きく評点上げた南アフリカ、政治面での不透明性が影響したトルコ〜


格付投資情報センター(R&I)は7月に実施した「R&Iカントリーリスク調査」の結果をまとめた。今年一月の調査時点より総合評価を上げた国・地域数が48(前回31)にのぼった一方、評価を下げた国・地域数が19(前回49)にとどまり、カントリーリスクの低下傾向がうかがえる。

(中略)

今回評価を大きく上げたのは南アフリカで、0.6ポイントの上昇となった。ついでスロベニア、エストニア、ロシアが0.5、それぞれ上昇した。
南アフリカは項目別評点でも幅広く評点を上げ、今回初めてBランクとなった。次期大統領となる与党ANCの党首が年内に決まる予定で、次回調査も注目だ。(略)

出所:日経金融



為替ブログ
旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

人気blogランキング
トレードレベルUP、スキルアップに!

相場師Ranking
相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック