ECB金融政策が転換!?

昨晩のトリシェ総裁記者会見はかなり注目されてました。

内容について...
「物価動向のリスクは依然として上向き」としながらも「成長見通しへのリスクは下向き」との発言と、今回「金融政策は緩和的」という文言を省いた点から、
金利は当面据え置かれるとの予想。


ECBはインフレより経済成長に重心を置くとの見方が強まっており、
本日5日21:30発表の米雇用統計が前回に比べ良化する可能性が高いことからも、
ドル/円の上昇とユーロ/ドルの下落が予想される。

ポイントとなる1.4000ドルを割るかもしれませんので、その場合は追っかけ売りで!

参照:失業率と非農業部門雇用者数の推移グラフ 

2007.10.05 10:00


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック