大底形状をイメージし今年一番のチャンスをゲットしよう

今日は日米祝日流動性の薄い中を狙ったドル売りで、ドル円は一気に108円を割り込み107.5まで値を下げた。

ここからは単純なN計算でも105.36というかなり恐ろしい数字が導き出される。
(124.12(6/22高値)、111.57(8/17安値)、117.91(10/17高値))

いつかは割れる数字だとは考えていたが、予測より早い仕掛けに少し驚いた。
これだけスピードが早い(傾斜がキツイ)と、以前分析した101円割れのロスカットを狙ってみたくなるのが某国ヤカラの考えそうなこと。

逆に上にはレジスタンスがてんこ盛りで、上値を追いかけて行くには”始めから気が引ける”ほどの重さが仕掛けなくてもわかるほど...

ここで書いたダウ理論も今では、ダウントレンドの3番の安値を付けにいっている形状。



掲載当時は、108.98前後でのいったんの反転と、
行ったとしても101円の鉄板サポートに跳ね返されてゆっくり上昇。。。
というのを ボヤーッと想像していたが、今では「上記ヤカラの仕掛けがあるのでは?」を半分ぐらい織り込んでいる自分がいるから恐ろしい。






とにかくいつかは止まるということだけは間違いのないことなので、ここからは前向きに反転パターンの分析に話を移したい。


まず振り返ると、以前当ブログ内では、2007.08.17の記事 で、
市場が大パニック、投資家たちが恐怖に包まれる中、
3月5日の大底形状と比較することにより、まさに2日目の下ヒゲを形成中のあの大底をつけている最中にコメントを掲載、「クロス円の買い支え」を後押しした。(爆)

(参照記事)
2007.08.20の記事1
2007.08.20の記事2
2007.08.23の記事



8/16,17はクロス円すべて同じ形状であったため、その代表として EUR/JPY15分足チャート を下に示す。



● 8/8に始まった戻り売りは、比較的急な傾斜を描き157円台前半へ。
図中矢印@で示すポイント158円台半ばまで値を戻すものの、戻りの弱さを嫌気して、即座に156円まで売り込まれる。

● 図中矢印Aも同様に戻りが弱く、その数時間後には多くの強制ロスカットを巻き込んだ形で152円まで急降下。ストップがストップを巻き込む最悪のパターンでナイアガラ状態。

● 直後利益確定の買戻しで図中矢印Bまで急反発するが、半値戻しも達成することなく、さらなる急降下へとつながり150円割れへ。

● ここで初めて図中矢印Cの戻しが、図中矢印Bと同レベル(100%戻し)を達成し、図中矢印Dとともにダブルボトムを形成し、やっとこさ大底を打つ。

● これは日足で見るとローソク足の反転パターンである下ヒゲ揃い長ヒゲのコンビネーションを形成している。

 つまり、CからDに推移する短い時間に適切な指値注文を出す。
 これが大底を取るためのひとつパターン!?

● その後は、38.2%のサポートラインをキープする形で日柄をこなし、その後の急上昇をうみだした。




まとめると、

今回の円高調整も、いったんの底を確認し冷えた投資家心理を回復させるには、ロスカットを巻き込むような急降下の中の61.8%以上の戻しとダブルボトム等のフォーメーションを形成し、誰にもわかる底の意思表示が必要なのかもしれない。
(こういったことでもないと、現在クロス円を買いにいけない心理状態にある)


言い換えれば、大底形状をイメージして相場に向き合っているものにとっては、今は絶好のチャンスといえるかもしれない。
W2Cメンバーの方々には是非とも「すっごい」お宝ポジションを構築していただきたい。

2007.11.23 18:30


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

この記事へのコメント
相場師ランキング一位おめでとうございます。
(^_^)v さっそく記載して頂いているチャートを拡大して見させて頂きましたが。。。。底を判断するのは 私のようなものには無理そうです。
ユーロドル円の15分足のチャート長い髭。。。。 難しいですね! もうそろそろと
思ってエントリーすると。。。どーんと下がりそうな。。。105円 管理者様が書いてらっしゃた何処かの方が101円まで 仕掛けそうな。。 でも裏をかいて 上げてきそうな。。。
本当に 働きながら貯めたお金を少しでも投資で
利益を上げたいと思っている人達には 厳しいですね! 底はいつなのか。。。。このブログを一番の頼りにしています。ユーロドル・ドルのチャートが少し変化し始めたような。。。ここがドル円の底なのでしょうか?12月に向けて。これが素人の浅はかさのかもしれませんが。。。皆が100円切ってどこまで下落と叫びだすと反転かもですね!
Posted by サヤ at 2007年11月24日 21:44
ありがとうございます。m(_ _)m 「大底をとろう」の話ですが...おっしゃる通り難しいですね。私もとれたことがないので(笑)ただレバレッジでリスクをコントロールするならいますぐ仕込んでも問題ないレベルと考えています。(ex.3倍程度) また、ストップを設定するならもう少しレバをあげることも可能ですね。いずれにしてもFX投資は「リスク管理」がもっとも重要な要素であると考えています。仮に上記方法で取ったポジションがロスカットになるのなら、(同じレバ以上で)それ以上のすべてのポジションがその前にロスカットということですから。
Posted by W2C at 2007年11月25日 00:44
返信のコメント本当に有り難う御座います。
ロスカット・・・本当にリスク管理がどれだけ大切かを 8月そして今回の暴落でよ〜〜くわかりました。もう少しもう少しと思って。。。ド〜〜ンと損切り。ストップを設定するならどれぐらいで設定すれば良いのでしょうか?レバにもよるでしょうが。。。 管理者様のご意見を伺えたらと
思います。レバ5倍レバ10倍だと。誰にも相談出来ないなので 厚かましいですが 宜しくお願い致します。ストキャストの日足が買い 最初のポジション そしてMACDの日足が買いになれば もう少しレバ(多くて5倍)をあげて買いかなと考えていますが。。。でも怖いです^_^;
資金200万円で 今の相場状況で どれぐらいのロットが リスク管理上が 良いのでしょうか? 個人的な相談で 本当に申し訳ありません。

Posted by サヤ at 2007年11月25日 01:34
少し汎用性のない回答になりそうですので、よろしければ torilogy.inc@gmail.com こちらまでご連絡ください。ひとつだけ...10倍のレバはやめたほうがよろしいかと思います。
Posted by W2C at 2007年11月25日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック